アミノ酸組成分析

PTC法

PTC (フェニルチオカルバモイル) 化は、フェニルイソチオシアナート (PITC) 試薬 (製品コード:162-08473) を用いて誘導体化する方法で、一級アミンおよび二級アミンに反応します。誘導体化した化合物の分子吸光係数がどのアミノ酸もほとんど同じであるという特長を有しています。

多成分のアミノ酸の同時分析にはグラジエント溶出が必要になりますが、Wakopak® Wakosil®-PTCと専用溶離液を使用することで簡便に再現性の良いアミノ酸の分離分析が可能です。

ラインアップ

  • HPLC分析用カラム
  • 専用溶離液
  • 誘導体化関連試薬・アミノ酸標準品

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

HPLC分析用カラム

専用溶離液

誘導化関連試薬

アミノ酸混合標準液(高濃度タイプ)

※本製品は、CRM開発で培った精度の高い調液技術で調製し、CRM又はSIトレーサブルな標準物質であるTRM (Traceable Reference Material) を使用した高濃度タイプ (0.1~5.5 μmol/L)の混合標準液です。本製品を用いることでアミノ酸類の精確な定量値を得ることが可能となります。

アミノ酸混合標準液(認証標準物質)

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。