毒性試験

毒性試験について

医薬品・化粧品の安全性を確認する動物実験のため、多くの動物が犠牲となっていました。一方、動物愛護の立場からは、生命科学研究に用いる試験法をなるべく動物を使用しない方法「動物実験代替法」に変更する事が求められてきています。その方法は、培養細胞に対する毒性や細胞増殖能を調べるもので、細胞が薬剤などの検体により壊された時に壊された時に漏れ出る酵素量を測定したり、生細胞が色素を取り組むことを利用したものです。動物実験代替法は、実験動物を用いた方法に比べ安価で手間がかからず、客観的に毒性を測定する事が可能です。

参考:第十七改正日本薬局方