カートに追加しました

比較表に追加しました

トリデシルベンゼンスルホン酸ナトリウム標準液(1mg/mlメタノール溶液) Sodium Tridecylbenzenesulfonate Standard Solution(1mg/ml Methanol Solution)

水質試験用
for Water Analysis
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
CAS RN® :
26248-24-8
分子式 :
C19H31NaO3S
分子量 :
362.50
適用法令 :
安衛法57条・有害物表示対象物質 有機則第2種 労57-2 優先評価物質 危4-ア(水溶性)-II
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
196-13141
JAN
4987481429369
1mL×5A
希望納入価格
8,900 円

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 2003年5月30日付官報告示「水質基準(改正水道法)陰イオン界面活性剤」のHPLC用標準品として使用します。使用の際は、アルキル鎖C10~C14までの標準液で検量線を立てて定量します。本品はアルキル鎖C13の商品です。ベンゼンスルホン酸ナトリウムとアルキル鎖の結合位置が異なる異性体混合物です。
Wako Analytical Circle No.30, p4 (2003.9)
Wako Analytical Circle No.34, p4 (2004.9)
Wako Analytical Circle No.35, p5 (2005.1)
Wako Analytical Circle No.35, p5 (2005.3)
和光純薬時報 Vol.72 No.1, p13 (2004)
和光純薬時報 Vol.72 No.3, p9 (2004)
改正水道法陰イオン界面活性剤分析用ワコーパック® ワコーシルAS-Aquaワコーシル® AS-Aqua 溶離液水道水の水質基準の改定及び試験方法の見直しに伴い、陰イオン界面活性剤の分析方法は流路型吸光光度法から高速液体クロマトグラフ法へ改定されました。本法では分離用カラムにオクタデシルシリル基を化学結合したシリカゲルを充てんしたカラム(ODS カラム)、またはこれと同等の性能を有するものを使用したHPLC- 蛍光検出法が採用されています。この方法に従いWakopak® Navi C 18 - 5(ODS カラム)にて分析を行うと、多数のピークが検出されます。一方、水質基準では陰イオン界面活性剤をトータル量として規定しており、これらのピーク本数が少なくなれば、検出感度の向上及び定量計算を簡略化することが可能になります。Wakopak® Wakosil AS-Aqua は、陰イオン界面活性剤の炭素数を認識し、分岐の状態を認識しない充てん剤を採用しており、陰イオン界面活性剤の簡易分析に最適なカラムです。この度、Wakosil AS-Aqua 専用溶離液の取扱いを開始しました。陰イオン界面活性剤の分析の際、Wakopak®Wakosil AS-Aqua、Wakopak® Navi C 18- 5、双方の溶媒として使用いただけます。 (和光純薬時報 Vol.74 No.3, p14 (2006.7))
用途 陰イオン界面活性剤定量標準品。
使用例 分析例 : Wako Analytical circle No.30 p.4(2003.9)。

物性情報

外観 無色澄明の液体
濃度 0.95~1.05mg/ml

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。