カートに追加しました

比較表に追加しました

ワコーパック® ワコーシル AS-Aqua Φ2.0mm × 250mm Wakopak® Wakosil AS-Aqua Φ2.0mm × 250mm

製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
236-63903
1本(W)
希望納入価格
60,000 円
販売元
230-63901
1本(D)
希望納入価格
60,000 円

ドキュメント

SDS
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 Wakopak Wakosil AS-Aquaは、水道法や環境基本法の陰イオン界面活性剤の分析に適したカラムです。
アルキル鎖長が同じ直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)の異性体を1本のピークで溶出し、末端にベンゼンスルホン酸が結合したものは分離して溶出します。アルキル鎖長毎にまとめて溶出することで、検出感度の向上及び定量計算を簡略化することが可能になります。
陰イオン界面活性剤分析用専用HPLCカラム
水道法、環境基本法で対象とされている直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)はアルキル鎖長がC10~C14のLASで、ベンゼンスルホン酸基の結合位置が異なる異性体すべてを対象とし、水道法ではHPLC/蛍光・UV検出法、環境基本法 水生生物保全に係る環境基準ではLC/MS分析法が採用されています。
公定分析法で定められているC18(ODS)カラムを使用した場合には、異性体は分離して溶出され、多数のピークが検出され、定量計算が煩雑になります。
Wakopak® Wakosil AS-Aquaは、アルキル鎖長が同じLASの異性体を1本のピークで溶出し、末端にベンゼンスルホン酸が結合したものは分離して溶出します。公定分析法では陰イオン界面活性剤をトータル量として規定しており、アルキル鎖長毎にまとめて溶出することで、検出感度の向上および定量計算を簡略化することが可能になります。
※ Wakopak® Wakosil AS-Aquaは、公定分析法に記載のあるC18(ODS)カラムではありませんので、ご注意下さい。
(ANALYTICAL CIRCLE 2013.12/No.71, p2)

物性情報

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。