カートに追加しました

比較表に追加しました

(±)-ジェオスミン-d3標準液(1mg/mL メタノール溶液) (±)-Geosmin-d3 Standard Solution (1mg/mL Methanol Solution)

水質試験用
for Water Analysis
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
135441-88-2
分子式 :
C12H19D3O
分子量 :
185.32
適用法令 :
安衛法57条・有害物表示対象物質 有機則第2種 労57-2 優先評価物質 危4-ア(水溶性)-II
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
072-06081
JAN
4548995001207
1mL
希望納入価格
27,000 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 河川や湖において、環境汚染により発生するかび臭は異常増殖した種々の放線菌や藻類の代謝産物によるものである。特にジェオスミンは極めて微量で強い土臭(またはかび臭)を示すことから、水道水の異臭の最大の原因物質と考えられている。
ジェオスミンの安定同位体化合物の標準液。
カビ臭標準品河川や湖において環境汚染により発生するカビ臭は、異常増殖した種々の放線菌や藻類の代謝により生成します。特に、ジェオスミンおよび 2-メチルイソボルネオール(2-MIB)は極めて微量で強い土臭(またはカビ臭)を示すことから、水道水における異臭の最大原因物質と考えられています。
平成24年2月28日に公布された「水質基準に関する省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法の一部を改正する件(平成24年厚生労働省告示第66号)」により、ジェオスミンおよび 2-MIBの検査方法に内部標準法が追加されました。 (Wako Analytical Circle 2012.3/No.64, p11
Wako Analytical Circle 2012.6/No.65, p5)
カビ臭標準品
河川や湖において環境汚染により発生するカビ臭は、異常増殖した種々の放線菌や藻類の代謝により生成します。特に、ジェオスミン及び2- メチルイソボルネオール(2-MIB)は極めて微量で強い土臭 (またはカビ臭)を示すことから、水道水における異臭の最大原因物質と考えられています。
平成24 年2 月28 日に公布された「水質基準に関する省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法の一部を改正する件(平成24 年厚生労働省告示第66 号)」により、ジェオスミン及び2-MIB の検査方法に内部標準法が追加されました。
■ 内部標準 (和光純薬時報 Vol.80, No.2(2012), p15
和光純薬時報 Vol.80, No.3(2012), p13)
使用上の注意 アルゴン封入

物性情報

外観 無色澄明の液体
濃度 0.97~1.03mg/mL

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。