同仁化学 Good's Buffer シリーズ

生体成分の分離・精製や組織培養を行なうにあたって、溶液内のpHを一定に保つ必要があります。適当な弱酸とその共役塩基の混合溶液がpH緩衝剤として利用されています。陸生生物の生体成分のpHは通常6.5~7.5で、海生生物、特に海藻類はpH8程度であることから、生化学用途としてはpH 6~8の範囲を緩衝可能なものが必要となります。

Goodらは生化学緩衝剤としての望ましい条件を考慮して、Zwitterion構造をもつ各種のアミノエタンスルホン酸、アミノプロパンスルホン酸誘導体を合成し、その有用性を明らかにしました。これらは次のような特長を持っています。

同仁化学研究所では、一般的なGood's Bufferはもちろん、DNase, RNase試験(不検出), エンドトキシン試験(試験適合)を行った分子生物学用グレードもラインアップしております。

特長

  • 水に良く溶け、濃厚な緩衝液が作成可能
  • 生体膜を透過しにくい
  • 酸解離平衡が濃度、温度、イオン組成の影響を受けにくい
  • 金属イオンとの錯形成能が小さい
  • 化学的に安定で、再結晶による高純度精製が可能
  • 可視、紫外部に吸収を持たないために、目的成分の検出が容易

最適pH

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

分子生物学用Good’s Buffer (DNase,RNase:不検出、エンドトキシン:試験適合)

一般タイプGood’s Buffer

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。