カートに追加しました

比較表に追加しました

CTX-ELISA 1B CTX-ELISA 1B

製造元 :
(株)セルサイエンス
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
適用法令 :
安衛法57条・有害物表示対象物質 労57-2 毒素類
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
382-14341
製造元
8100
1キット
希望納入価格
120,000 円
注意事項 :
生物・毒素兵器の製造、使用防止のため、「毒素等」を試験研究用に使用することを確認する証が必要です。

ドキュメント

添付文書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

キットコンポーネント

1キット

x 20 プレート洗浄液, W-1 50 mL
試薬希釈液, D-1 50 mL
標識抗体希釈液, D-2 50 mL
比色測定用ALP基質溶液(pNPP), R-1 50 mL
抗体固相化マイクロプレート 2 枚
アルカリフォスターゼ標識抗体 250 μL
CTX 1B標準抗原, 5 ng/mL 100 μL
粘着マイクロプレートシール 6 枚

概要

シガテラ毒はシガトキシン(Ciguatoxin:CTX)および類縁化合物が原因物質で、有毒渦鞭毛藻が産生し、藻食魚が海草とともに取り込んで毒を蓄積し、次いで藻食魚を餌とする肉食魚へ毒が移行すると考えられています。フエダイ科フエダイ属のバラフエダイやハタ科バラハタ属のバラハタ、イシダイ科イシダイ属のイシガキダイなどが毒を持っているとされています。 日本では主に沖縄県で食中毒が発生していますが、気候変動により食中毒の範囲が北上しています。
また、タヒチ、アメリカ、フランス等で多くの中毒患者が出ており、患者数は世界で毎年2万人以上と推定されています。
一方で、シガトキシンおよび類縁化合物を適切に測定する方法は確立されていません。

CTX-ELISA 1Bは、大阪府立大学 円谷教授らが開発された技術1)を株式会社セルサイエンス によって製品化したものです。CTX1B(および54-deoxy CTX1B)に特異的な2種類の抗体を使用し、CTX1Bを高感度に検出可能な世界初のサンドイッチELISA法によるキットです。

特長

  • 簡便かつ安価に測定可能
    サンドイッチELISA法(比色法)のためLC-MS/MS等の高価な装置は不要
  • 迅速
    測定時間は2 時間以内
  • 特異的
    CTX1B(並びに54-deoxyCTX1B)に特異的な抗体の使用により、他のCTX類との交差反応性無し
  • 高感度
    比色法で5~200 pg/mL(ppt)の検出が可能

製品情報

キットに同梱されているCTX1B標準品は、平間 東北大学名誉教授らにより全合成されたもの2)を、安元 東北大学名誉教授らによりqNMRで値付けされた天然由来のCTX1B3)で濃度確認しています。





  • Ciguatoxin 1B

  •       

※操作説明書等、詳細は、株式会社セルサイエンス ホームページをご確認ください。

参考文献

  1. Tsumuraya, T., Sato, T., Hirama, M. and Fujii, I. : Anal. Chem., 90, 7318 (2018).
  2. Yamashita, S., Takeuchi, K., Koyama, T., Inoue, M., Hayashi, Y. and Hirama, M. : Chem. Eur. J., 21, 2621 (2015).
  3. Kato, T. and Yasumoto, T. : Mar. Drugs, 15, 309 (2017).

概要・使用例

物性情報

製造元情報

別名一覧

  • シガトキシン ELISA-1B
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。