水藻類を用いた生長阻害試験に

OECD培地, 濃縮液Ⅰ~Ⅳ

WET法のひとつである「淡水藻類を用いる生長阻害試験」に用いる培地調製用濃縮液です。 WET(Whole Effluent Toxicity)は、米国で開発された生物応答を利用した水環境管理手法です。本製品を混合、希釈することで、OECDテストガイドライン201に従った培地を調製できます。

特長

  • 秤量および溶解不要の濃縮液
  • マイコプラズマ試験済み
  • 0.2 μmフィルターろ過滅菌済み
  • OECDガイドライン201に沿った組成

アプリケーション

OECD培地, 濃縮液Ⅰ~Ⅳを混合、希釈することで、OECDテストガイドライン201に示されたOECD培地を調製できます。

1 LのOECD培地を調整する場合
品名 使用量
OECD培地、濃縮液Ⅰ(x 100) 10 mL
OECD培地、濃縮液Ⅱ(x 1,000) 1 mL
OECD培地、濃縮液Ⅲ(x 1,000) 1 mL
OECD培地、濃縮液Ⅳ(x 1,000) 1 mL
1 Lにメスアップ 1 L

OECD 培地, 濃縮液Ⅰ~Ⅳ 組成表

製品コード 容量 成分 mg/L(原液) mg/L(希釈後)
158-03315 500 mL OECD Medium, Stock Solution Ⅰ(x 100) x 100 x 1
NH4Cl 1,500.00 15
MgCl2, 6H2O 1,200.00 12
CaCl2, 2H2O 1,800.00 18
MgSO4, 7H2O 1,500.00 15
KH2PO4 160.00 1.6
153-03321 50 mL OECD Medium, Stock Solution Ⅱ(x 1,000) x 1,000 x 1
FeCl3, 6H2O 64.00 0.064
EDTA-Na2, 2H2O 100.00 0.1
150-03331 50 mL OECD Medium, Stock Solution Ⅲ(x 1,000) x 1,000 x 1
H3BO3 185.00 0.185
MnCl2, 4H2O 415.00 0.415
ZnCl2 3.00 0.003
CoCl2, 6H2O 1.50 0.0015
CuCl2, 2H2O 0.01 0.00001
Na2MoO4, 2H2O 7.00 0.007
157-03341 50 mL OECD Medium, Stock Solution Ⅳ(x1,000) x1,000 x1
NaHCO3 50,000.00 50

データ

化審法GLP施設による本品の有効性評価

データ提供:一般財団法人化学物質評価研究機構

試験番号:96627

OECD培地, 濃縮液Ⅰ~Ⅳで調製したOECD培地を用いて基準物質(二クロム酸カリウム)の試験を実施し、72時間半数影響濃度(72hrEC50)が許容範囲内であるか、対照区の生長は試験の有効性を満たすがどうか確認し、OECD培地, 濃縮液Ⅰ~Ⅳで調製したOECD培地が藻類生長試験培地として有効であるかを考察した。方法はOECDテストガイドライン201に従った。

  • 試験生物

    Pseudokirchneriella subcapitata

    暴露条件
    期間 72時間
    方式 旋回振とう培養(約100回/分)
    試験濃度 二クロム酸カリウム濃度として1.6、0.80、0.40、0.20 mg/L 区および対照区
    試験液調製法 OECD培地, 濃縮液Ⅰ~Ⅳで調製したOECD培地が入った試験容器に必要量の二クロム酸カリウム 100 mg/L 溶液を添加して試験液を調製した。
    環境条件
    試験温度 21~24 ℃(±2 ℃の変動幅)
    初期細胞数 0.75 x 103 cells/mL
    試験液量 600 mL/試験濃度区(100 mL/試験容器 x 6連)
    300 mL/試験濃度区(100 mL/試験容器 x 3連)
    試験容器 滅菌した500 mL容ガラス製三角フラスコ(通気性の栓付き)
    照明 設定値 90 µE/m2/s
    (設定値の±20 %以内、平均値±15 %の変動幅)
  • 測定

    細胞濃度を測定した。

    試験結果
    • 72時間半数影響濃度(72hrEC50):1.1 mg/L
    • 試験の有効性
      1. 対照区の暴露終了時における増殖率:187倍
        (有効性基準:16倍以上の増殖率)
      2. 対照区の日間生長速度の平均変動係数:10 %
        (有効性基準:36 %を超えてはならない)
      3. 対照区の繰り返し間の生長速度の変動係数:1.1 %
        (有効性基準:7 %を超えてはならない)
    結論

    試験結果よりOECD培地, 濃縮液Ⅰ~Ⅳで調製したOECD培地は、藻類生長阻害試験の培地として有効であると判断される。

00352_img02.png

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。