トランスジェニック: 動物作製

CRISPR/Cas9による遺伝子改変動物作製

株式会社特殊免疫研究所

2013年に登場した『CRISPR/Casシステム』は、哺乳培養細胞やあらゆる動物のゲノムを編集できるシステムとして、瞬く間にライフサイエンスの中心技術となりました。短期間の内に遺伝子変異モデル動物を作製できます。またこれまで作製することが非常に困難であったラット等の動物種にも利用できます。
特殊免疫研究所ではBroad InstituteよりCRISPR/Cas9システムの使用ライセンスを所得しています。

95092_img01.png

特長

  • ノックアウト/ノックイン動物作製可能
  • 塩基置換モデル動物が作成可能
  • マウスのほかラットにも対応

納期

■納期 3 ヶ月

作製事例

一塩基置換ノックインラット作製

実験条件
ラット系統 Wistar系
標的遺伝子 ROSA
注入条件 Cas9mRNA/gRNA/ssODN
100/50/100(ng/μL)
      受精卵細胞質注入

注入数 生存数 移植数 産仔数
141個 131個 122個 35匹

Rosa領域に点変異(EcoRV)を挿入したノックインラット(ホモ個体)のシークエンス確認結果 シークエンスサンプル: ホモ候補のゲノムDNAをテンプレートにPCRを行い、得られたPCRプロダクトをダイレクトシークエンスした。

95092_img02.gif

遺伝型解析 ssODNとして導入した制限酵素
      サイトを利用
      PCRスクリーニング
実験結果 変異体取得35 匹中 12 匹(移植胚あたりで約10 %)
      ノックイン個体10 匹() そのうち2 匹がホモ変異体(

遺伝子変異 indelタイプ作製(標準作業 Basicプラン:遺伝子変異個体納品)

作業工程 希望納入価格
マウス ラット
工程1)受精卵への注入物質の準備
    gRNA配列設計
    CRISPR/Cas9発現ベクターの準備
    gRNAおよびCas9mRANの調製
45万円
工程2)インジェクション作業
    受精卵細胞質注入100個
    作業中の動物維持費(12週間)
90万円 115万円
工程3)ファウンダー産仔の遺伝型解析
    サーベイヤー20検体分
40万円
合計
175万円
合計
200万円

遺伝子変異 塩基置換モデル作製(標準作業 Basicプラン:遺伝子変異個体納品)

作業工程 希望納入価格
マウス ラット
工程1)受精卵への注入物質の準備
    gRNA配列設計
    ssDNAデザイン
    CRISPR/Cas9発現ベクターの準備
    gRNAおよびCas9mRANの調製
55万円
工程2)インジェクション作業
    受精卵細胞質注入200個
    作業中の動物維持費(12週間)
125万円 150万円
工程3)ファウンダー産仔の遺伝型解析
    PCR-RFLP20検体分
45万円
合計
225万円
合計
250万円

お見積り・ご注文について

ご依頼方法

下記のお見積り・ご注文フォームに必要事項をご記入の上ご連絡ください。

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。

受託サービスに関するお問合せ先

お問合せ窓口