細胞内バランスをNAD/NADHの比率で見る

同仁化学 NAD/NADH Assay Kit-WST

本キットは、96ウェルプレートによる比色反応で細胞内のNADとNADHの量及びNADとNADHの比率を測定できるキットです。本キットに含まれる抽出バッファーとタンパク質除去用チューブを用いて、簡便に培養細胞から測定サンプルを調整できます。

測定原理

NADとNADHの測り分け操作

NAD/NADHをマーカーとした研究

細胞内のNADとNADHの量は、薬剤投与や遺伝子組み換え等により影響を受けたがん細胞やミトコンドリア機能を理解する際の、重要な代謝マーカーとして評価されています。

長寿に関わるサーチュインがNAD量と深く関与していることも明らかとなっています。また、肥満や糖尿病、細胞分化などの生物学的な状態を理解するためのマーカーとしても評価されるケースが増えています。

細胞を用いた測定例

本キットに含まれる標準液をサンプルと同時に測定することで、定量解析が行えます。

サンプル中のNADとNADHの総量が2 µmol/L より濃い濃度の場合は、サンプルを希釈することで評価できます。

下記の実験では、細胞数が2倍異なるHeLa細胞を用いて、 NADとNADHの量の比を求めました。

増殖培地にて培養したHeLa細胞(2.5 x 105、5.0 x 105 cells)を用い、細胞内のNAD量とNADH量を検量線から求めました。

結果、 NAD量とNADH量は細胞数に応じた変化がみられ、またNADとNADHの量比を細胞数に変化があっても同等の結果となりました。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

生化学検査用キット LabAssay™ シリーズ

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。