安定した発光による高感度検出

同仁化学 ATP測定キット

ATPは解糖系およびミトコンドリアの電子伝達系でつくられ、細胞が生きていくためのエネルギー源として重要です。細胞で合成されるATPのうち、約95%のATPがミトコンドリアで産出されるため、ミトコンドリア機能に異常が生じると、細胞のATP産出が低下し、その結果、がんや老化、アルツハイマー病などの神経変性疾患、ミトコンドリア病を引き起こすことが知られており、ミトコンドリア活性の指標の一つとしてATPが用いられます。また、がん細胞はミトコンドリアの酸化的リン酸化より非効率な解糖系を用いてATPを産出することが知られておりますが、最近の研究により解糖系の抑制によって解糖系から酸化的リン酸化にシフトすることもわかっており更に注目されています。

ATP Assay Kit-Luminescenceは、培養細胞中のアデノシン三リン酸 (ATP) 量をホタル・ルシフェラーゼ発光法で定量するキットです。本キットにはATP Standardが同梱されており、再現性の高いデータを得ることができます。また、試薬を混合し添加するだけで、培地の除去や洗浄といった複雑な操作は伴いません。マイクロプレートを用いた多検体測定が可能です。

技術情報

ATPの測定原理

ATP Assay Kit-Luminescenceは、培養細胞中のアデノシン三リン酸 (ATP) 量をホタル・ルシフェラーゼ発光法で定量するキットです。

本キットではマイクロプレートを用いた多検体測定が可能です。

安定した発光シグナルで高い再現性

本キットは試薬を混合し添加するだけで、培地の除去や洗浄といった複雑な操作は伴わず、半減期が3時間以上の安定した発光シグナルを得られます。

また、キットには ATP Standardが同梱されており、不安定なATPの秤量が不要で再現性の高いデータを得ることができます。

測定条件

試薬添加から3時間のタイムコースを測定
細胞種:HeLa細胞 (10,000cells/well)

検量線の作成例

本キットの ATP Standard を用いて作成した検量線からサンプル中の ATP 濃度を求めることができます。サンプル中のATP濃度が 2.5 µmol/L 以上の場合は、サンプルを希釈することで測定いただけます。

実験例:ロテノンによる細胞内代謝の変化

ミトコンドリアの電子伝達系を阻害することが知られているロテノンをJurkat細胞へ添加後、本製品で細胞内のATP濃度を測定したところ、ミトコンドリア呼吸鎖 (電子伝達系) におけるATPの生成が阻害され、コントロール細胞と比較してATP量が減少しました。

実験例:Sulfasalazine (SSZ) による細胞内代謝の変化

シスチン / グルタミン酸トランスポーター (xCT) を阻害することが知られている Sulfasalazine (SSZ) を A549細胞へ添加後、細胞内のATP、α-ケトグルタル酸 (α-KG)、 グルタチオン (GSH)、ROSの変化と、グルタミン酸放出量の変化を確認しました。

その結果、SSZ 添加により細胞内のATP、グルタチオン (GSH) ならびにグルタミン酸放出量は減少し、細胞内のα-ケトグルタル酸とROSは増加しました。

使用製品
  • 細胞内α-KG:α-Ketoglutarate Assay Kit-Fluorometric (製品コード:K261)
  • 細胞内GSH:GSSG/GSH Quantification Kit (製品コード:G257)
  • 細胞内ROS:ROS Assay Kit -Highly Sensitive DCFH-DA- (製品コード:R252)
  • グルタミン酸放出量:Glutamate Assay Kit-WST (製品コード:G269)
実験条件

細胞:A549細胞 (1 x 106 cells)  暴露時間:48時間

実験例:Sulfasalazine (SSZ) による細胞内代謝の変化

(スケールバー:50 µm)
参考文献

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。