迅速なアルデヒド分析に最適です

Presep®-C DNPH, Wakopak® Wakosil® DNPH-Ⅱ

アルデヒド類は環境大気中の有害物質として、日本国内(悪臭防止法、大気汚染防止法、室内空気汚染[シックハウス]対策など)はもとより、海外(米国EPAなど)でも問題視されています。アルデヒト類の一般的な分析法の1つとして、2,4-ジニトロフェニルヒドラジン(DNPH)で誘導体化して、ガスクロマトグラフィー(GC)または、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)で分析する方法があります。特に、「固相捕集-HPLC法」は大気捕集、溶媒抽出の操作が容易な、簡便性に優れた手法です。当社では、固相捕集(前処理カラム、Presep®-Cシリーズ)、分析カラム(Wakopak®シリーズ)、溶離液、標準品など分析に必要な試薬を取り扱っています。

プロトコル

捕集・・・固相捕集管にて試料を捕集 (Presep®-C DNPH / Presep®-C Ozone Scrubber)

                 ↓

溶出・・・アセトニトリルにて溶出 (アルデヒド分析用アセトニトリル)

                 ↓

分析・・・HPLCにて分析 (Wakopak® WS DNPH-Ⅱ / Wakosil® DNPH-Ⅱ 溶離液A,B / 各種標準液)

アプリケーション

Wakopak® Wakosil® DNPH-Ⅱを用いて、15成分モニタリングを行った際のPresep®-C DNPH のブランク、 空気サンプリング(室内空気)およびDNPH誘導体標準品のクロマトグラム

  • 1.カートリッジブランク

    Presep® -C DNPH 1本をアセトニトリルにて溶出後5 mLにメスアップ。

  • 2.室内空気試料の分析例

    Presep® -C DNPH にて実験中の空気を流速0.5 L/min. で30 L採取、左記と同様に溶出。

  • 3.標準品

    DNPH誘導体アルデヒド15成分標準品のクロマトグラム。

カラム
溶離液

流速
検出
注入量
:Wakosil DNPH-Ⅱ 4.6Φ x 150 mm
:A;Wakosil DNPH-Ⅱ 溶離液A、B;Wakosil DNPH-Ⅱ 溶離液B
 0-10 min. Eluent A 100 % → Eluent B 100 %, 10-16 min Eluent B 100 %
:1.0 mL/min, at 35 ℃
:UV 360 nm
:10 μL
試料: 1) Formaldehyde-2,4-DNPH
5) Propionaldehyde-2,4-DNPH
9) Isovaleraldehyde-2,4-DNPH
13) p-Tolualdehyde2,4-DNPH
2) Acetaldehyde-2,4-DNPH
6) Crotonaldehyde-2,4-DNPH
10) n-Valeraldehyde-2,4-DNPH
14) Hexaldehyde-2,4-DNPH
3) Acetone-2,4-DNPH
7) n-Iso-butyraldehyde-2,4-DNPH
11) o-Tolualdehyde-2,4-DNPH
15) 2,5-Dimethylbenzaldehyde-2,4-DNPH
4) Acrolein-2,4-DNPH
8) Benzaldehyde-2,4-DNPH
12) m-Tolualdehyde-2,4-DNPH
each.0.1 μg/mL (as aldehyde, ketone) 10 μL inject

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。