ゲノム編集関連試薬

ゲノム編集とは、狙った位置でDNAを切断し、DNAを取り除いたり、新しいDNAを挿入したりする技術です。これまでにZFNやTALENなど様々なゲノム編集技術が開発されてきましたが、その中でも2012年にダウドナ教授・シャルパンティエ教授らによって報告されたCRISPR-Cas9は設計・操作の簡便性や適用範囲の広さから幅広い分野で利用されています。当社ではニッポンジーンの高濃度Cas9タンパク質やガイドRNA合成キット、変異検出キットなどゲノム編集関連製品をラインアップしております。