TriLink社 CleanCap® Reagent

mRNAのキャッピングは、mRNAの安定化や生物活性の維持、自己/非自己認識による免疫反応の回避において重要な役割を果たします。現在のCapping方法であるmCAPやARCAはキャッピングの効率が低く、エンザイムキャッピングはコストが高いのが課題です。

TriLinkのCleanCap® は生体内での免疫反応を回避するキャッピング試薬です。特にin vivo条件での翻訳効率が改善され、高活性なmRNAを得ることができます。

特長

  • 高いキャッピング効率 (94%+) により高活性なmRNAが取得可能
  • パターン認識受容体を活性化させないため、免疫反応を回避
  • Cap0に比べてin vivo条件での翻訳効率が大きく改善
  • エンザイムキャッピングと比較して大幅なコストダウンを実現

CleanCapシリーズ

CleanCapの中でも、CleanCap AUは自己増幅mRNAワクチン開発用に最適化されたキャッピング試薬です。

CleanCap AU の詳細はこちら

アプリケーション CleanCap シリーズ
CleanCap Ag CleanCap AU CleanCap GG CleanCap AG 3'OMe CleanCap GG 3'OMe
ゲノム編集 (CRISPR, Base Editor)
細胞治療 (CAR-T細胞, TCRなど)
遺伝子置換
ワクチン
テーラーメイドワクチン
自己増殖mRNA (saRNA)
抗体産生

既存のキャッピング試薬との比較

in vivo アプリケーションデータ

上図: Luciferase mRNAをLunar Lipidを用いてマウスの尾に投与した。6時間後、マウス肝臓中のルシフェラーゼ量をウエスタンブロッティングで測定した。
データ提供: Arcturus Therapeutics

Cap1構造であるCleanCap®は宿主の自然免疫反応が低く抑えられ、in vivoにおける発現効率が向上します。一方、従来のCap0構造は免疫原性があるため、in vivoではあまり発現しません。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

Cas9 mRNA

Cas9 mRNAはBroad、MIT、Harvard、Iowa、UTokyo、およびRockefellerによって付与された制限付きライセンスの下で提供されます。

Cre mRNA

EGFP mRNA

FLuc mRNA

mCherry mRNA

EPO mRNA

Beta gal mRNA

Renilla mRNA

Ova mRNA

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。