キャッピングや修飾塩基も選択可能

TriLink社 mRNA受託合成サービス(in vitro転写合成)

TriLink BioTechnologiesのmRNA受託合成サービスです。ご指定いただいた配列のmRNAを転写合成して納品します。
TriLinkは、2012年以来mRNAのカスタム受託合成サービスを世界中の研究者へ提供し続けています。
見積依頼フォームからORF配列、キャッピング、修飾塩基、バッファー、polyAの長さなどカスタム情報をご入力のうえ、ご依頼ください。

mRNA受託合成サービスの選択項目

TriLink BioTechnologiesのmRNA受託合成では、以下の項目を選択できます。

項目 選択項目
修飾塩基
  • Wild Type
  • Pseudouridine
  • 5-Methoxyuridine
  • 5-Methylcytidine/Pseudouridine
  • N1-Methylpseudouridine
  • その他
キャッピング
  • CleanCap AG
  • CleanCap AG(3'OMe)
polyAの長さ
  • 80A
  • 120A
ホスファターゼ処理 ホスファターゼによる脱りん酸化処理の要否
目標収量 1mgから依頼できます。保証収量ではなく目標収量です。
バッファー 通常は1mmol/L Sodium Citrate buffer,pH6.4です。
RNase free waterやその他のバッファーを指定することも可能です。
RNA濃度の指定 通常は0.5-1.0mg/mLです。
最大で4mg/mLまで指定できます。
追加の品質試験 純度(A260/A280)と変性アガロースゲル電気泳動を行います。
エンドトキシン試験、キャッピング効率の確認を追加できます。

キャッピングについて:CleanCap®

CleanCap®とは、生体内での免疫反応を回避するCap 1構造をmRNAに付加する技術です。翻訳効率の高いmRNAを合成できます。
CleanCap®の詳細は以下のページをご参照ください。
TriLink社 CleanCap® Reagent

mRNAワクチン・医薬品の研究開発と製造

以下の記事でmRNAワクチン・医薬品の基本原理、研究開発戦略、製造の流れを紹介しています。

mRNAワクチン・医薬品の研究開発と製造

TriLink BioTechnologiesとは?

=“TriLink-mRNA受託合成サービス-転写合成”

TriLink BioTechnologiesは、アメリカ サンディエゴの試薬および医薬品の製造受託会社です。核酸、オリゴヌクレオチド、キャッピングアナログの製造や長鎖RNA合成を得意としています。

CleanCap®mRNAは、TriLinkの独自技術であり、新規の共転写キャッピング方法です。従来のキャッピング法よりも高いキャッピング効率とタンパク質発現効率を可能にします。

TriLinkは、ISO 9001:2015規格に準拠した品質管理体制で製造してます。 ICH Q7に準拠したGMP製造サービスも提供しています。

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。