系統別 動物用医薬品混合標準液

動物に使用される医薬品を動物用医薬品といいます。動物用医薬品は、愛玩動物はもちろん産業動物や魚、家きんなど、様々な動物に使用されています。動物用医薬品は動物の疾病の予防・治療等を目的に使用されますが、産業動物においては、薬を使った動物に由来する食品(肉、卵、乳および水産物等)に、その薬が残留する可能性があります。これら残留した薬品が、人の健康を損なわないよう、一斉試験法が厚生労働省より通知され、各施設で残留量を確認する取り組みがなされています※1
当社では動物用医薬品混合標準液として、PLシリーズに加え、動物用医薬品を系統ごとに分類した混合標準液を販売しています。一斉分析や分析法の検討に、ご使用ください。

※1:厚生労働省HPより

  • ad_20210310_catalog_analytical_reagents.png

キノロン剤

LC/MS Chromatogram

Peak No. 成分名 検出イオン(m/z) Mode Peak No. 成分名 検出イオン(m/z) Mode
1 Marbofloxacin 363 + 8 Sarafloxacin 386 +
2 Norfloxacin 320 + 9 Difloxacin 400 +
3 Ofloxacin 362 + 10 Oxolinic Acid 262 +
4 Ciprofloxacin 332 + 11 Nalidixic Acid 233 +
5 Danofloxacin 358 + 12 Flumequine 262 +
6 Enrofloxacin 360 + 13 Piromidic Acid 289 +
7 Orbifloxacin 396 +

※ 混合標準液の調製濃度は、フリー体として20 μg/mLに換算されています。

Analysis conditions

[ Instrument ]
Shimadzu LC/MS-2020

[HPLC]
Column: Wakopak® Wakosil-Ⅱ 3C18HG 2.0 × 150 mm
Column temperature: 40 ℃
Eluent: A) 0.1 % HCOOH in H2O
B) CH3CN
Gradient:

Time (min) B conc. (%)
0-10 1-10
10-35 10-100
35-40 100

Flow rate: 0.2 mL/min

[MS]
Ionization: ESI
Mode: TIC

サルファ剤+葉酸代謝拮抗剤

LC/MS Chromatogram

Peak No. 成分名 検出イオン(m/z) Mode Peak No. 成分名 検出イオン(m/z) Mode
Precursor Product Precursor Product
1 Sulfanilamide 173 156 + 15 Pyrimethamine 249 233 +
2 Sulfacetamide 215 156 + 16 Sulfamonomethoxine 281 92 +
3 Diaverdine 261 245 + 17 Sulfachlorpyridazine 285 156 +
4 Sulfisomidine 279 124 + 18 Sulfamethoxazole 254 92 +
5 Sulfadiazine 251 156 + 19 Sulfadoxine 311 156 +
6 Trimethoprim 291 230 + 20 Sulfatroxazole 268 92 +
7 Ormetoprim 275 259 + 21 Sulfaethoxypyridazine 295 156 +
8 Sulfathiazole 256 156 + 22 Sulfisoxazole 268 92 +
9 Sulfapyridine 250 156 + 23 Sulfabenzamide 277 156 +
10 Sulfamerazine 265 92 + 24 Sulfadimethoxine 311 156 +
11 Sulfisozole 240 156 + 25 Sulfaquinoxaline 301 156 +
12 Sulfametoxydiazine 281 92 + 26 Sulfabromomethazine 359 92 +
13 Sulfadimidine 279 92 + 27 Sulfanitran 336 156
14 Sulfamethoxypyridazine 281 156 +

※ 混合標準液の調製濃度は、フリー体として20 μg/mLに換算されています。

Analysis conditions

[ Instrument ]
Shimadzu LC/MS-8040

[HPLC]
Column: Wakopak® Wakosil-Ⅱ 3C18HG 2.0 × 150 mm
Column temperature: 40 ℃
Eluent: A) 0.01 % HCOOH in H2O
B) CH3CN
Gradient:

Time (min) B conc. (%)
0-25 2-45
25-35 45

Flow rate: 0.2 mL/min

[MS]
Ionization: ESI
Mode:MRM

マクロライド

LC/MS Chromatogram

Peak No. 成分名 検出イオン(m/z) Mode Peak No. 成分名 検出イオン(m/z) Mode
1 Neospiramycin I 350 + 5 Tylosin 916 +
2 Spiramycin I 422 + 6 Tiamulin 494 +
3 Tilmicosin (mixture of isomers) 870 + 7 Leucomycin A5 772 +
4 Erythromycin A 734 +

※ 混合標準液の調製濃度は、フリー体として20 μg/mLに換算されています。

Analysis conditions

[ Instrument ]
Shimadzu LC-20AD

[HPLC]
Column: Wakopak® Ultra C18-3 2.0 × 100 mm
Column temperature: 40 ℃
Eluent: A) 0.5 % HCOOH in H2O
B) 0.5 % HCOOH in CH3CN
Gradient:

Time (min) B conc. (%)
0-15 15-50
15-20 50

Flow rate: 0.2 mL/min

[MS]
Ionization: ESI
Mode: TIC

ホルモン剤

LC/MS Chromatogram

Peak No. 成分名 検出イオン(m/z) Mode Peak No. 成分名 検出イオン(m/z) Mode
1 Prednisolone 361 + 4 α-Trenbolone 271 +
2 Methylprednisolone 375 + 5 Zeranol 323 +
3 β-Trenbolone 271 + 6 Clostebol 323 +

Analysis conditions

[ Instrument ]
Shimadzu LC/MS-2020

[HPLC]
Column: Wakopak® Wakosil-Ⅱ 3C18HG 2.0 × 150 mm
Column temperature: 40 ℃
Eluent: A) 0.1 % HCOOH in H2O
B) CH3CN
Gradient:

Time (min) B conc. (%)
0-20 30-70
20-30 70

Flow rate: 0.2 mL/min

[MS]
Ionization: ESI
Mode: TIC

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

混合標準液

標準品

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。