シリカゲルプレート-ワコーシリーズ

シリカゲルプレート-ワコーには、細孔径7 nm(70Å)の多孔質シリカゲルをガラス板上へ均一に塗布した「シリカゲル70プレート-ワコーシリーズ」と、同じく細孔径4 nm(40Å)を塗布した「シリカゲル40F254プレート-ワコー」の2タイプがあります。

特に細孔径7 nm(70Å)シリーズには蛍光物質を添加してる70F254タイプ、70FMタイプ、蛍光物質不含など各種用途に合わせてご用意しております。

また、分取・精製用として蛍光物質を添加した層厚の異なる「シリカゲル70プレートPF254-ワコー」と「シリカゲル70プレートF254PLC-ワコー」をご用意し、TLCプレートによる掻き取り分取や分取用シリカゲル「Wakogel® LPシリーズ」、「Wakogel® Cシリーズ」などを用いた分取クロマトグラフィーへも容易に移行できます。

特長

ドーピング剤の分離例
TLC Conditions

展開溶媒: CHCl3/CH3OH/Butanol=90/5/5(v/v/v)
Sample:①Noscapine ②Caffeine ③7-(β-Hydroxypropyl) Theophylline
④ドーピング剤混合物 ⑤Dibucaine Hydrochloride
⑥Procaine Hydrochloride ⑦Brucine
発色:広領域紫外線(λ=250 nm~400 nm)照射

シリカゲル70プレート-ワコーシリーズの特長

  • 粒子径5 µm ~ 15 µm に揃えたシリカゲルを使用
  • スポットの収束性が増し、分離能が一段と向上
  • 新規固着剤を使用し、有機溶媒に対し優れた耐剥離性、耐薬品性
  • 層厚の異なる2種類の分取用TLCを用意

シリカゲル40F254プレート-ワコーの特長

  • フラッシュクロマトグラフィー用プレセップ®HC-Nシリーズと分離の相関性があり、分取条件の設定に有用
  • 既存シリカゲルプレートと比較しRf値が小さく、展開溶媒を高極性溶媒の比率を高める事によって難溶解性化合物の分離に有効

シリカゲルプレート-ワコーの種類と主な性質



シリカゲル70プレート-ワコー 蛍光指示薬は添加されていません。発色試薬(硫酸、ニンヒドリン、ヨード等)の噴霧処理により、スポットを検出することができます。蛍光物質の選択的検出に便利です。
シリカゲル70FMプレート-ワコー FMプレートには、光の三原色に相当する赤、緑、青の三種の蛍光物質が添加されています。広領域紫外線(λ=250 nm~400 nm)の照射により、スポットはその物質固有の紫外部吸収を示し白色地に赤や青などの有色スポットとして観察されます。
シリカゲル70F254プレート-ワコー 緑色の蛍光物質が添加されていますので、分離されたスポットは紫外(λ=254 nm)の照射により緑色地に暗いスポットとして観察されます。
シリカゲル40F254TLCプレート-ワコー 細孔径4 nmの高比表面積で試料保持能が大きなシリカゲルを塗布したTLCプレートです。プレセップ®HC-Nシリーズと分離の相関性があります。
また、他のF254プレートと同様に緑色の蛍光物質が添加されており、分離されたスポットは紫外(λ=254 nm)の照射により緑色地に暗いスポットとして観察されます。


シリカゲル70 PF254プレート-ワコー 本製品は緑色の蛍光物質を添加したシリカゲル70プレートの分取用TLCプレートです。層厚が750 μmで固着剤の量を極限まで減らしたことにより、サンプルの採取を容易に行うことが可能です。
シリカゲル70 F254PLCプレート-ワコー シリカゲル70 PF254プレートワコーの特長をそのままに層圧をさらに1000 μmと厚くしにした分取用TLCプレートです。さらに多くのサンプル採取を容易に行うことが可能です。

シリカゲル70F254TLCプレート-ワコーの展開例

標準試料の展開

  • シリカゲル70F254プレート-ワコー
  • A社同等品
実験条件

[試料]

  1. カフェイン
  2. ナプロキセン
  3. p-アセトアミドフェノール
  4. p-ヒドロキシ安息香酸

[移動相]
クロロホルム:メタノール
 a) 95:5 b) 90:10 c) 85:15 d) 80:20

[検出]
UV 254 nm

[展開距離]
10 cm

シリカゲル40F254プレート-ワコーの展開例と分取用固相抽出カラム(プレセップHC-N)との相関性

プレセップHC-Nシリーズと分離の相関性があり、フラッシュクロマトの分取条件設定に最適です。また、従来のシリカゲルプレートに比べRf値が小さく極性溶媒の比率を上げる事により難溶解性化合物の分離に有効です。

  • 既存TLCプレート*との分離比較
    • 展開条件
      プレート: 2 cm x 10 cm
      (7 cm展開)
      サンプル: DBP*1 0.01 g/mL
      DMP*2 0.01 g/mL
      in Hex/AcOEt = 85/15
      チャージ量: 0.5 µL

      DBP*1 = Dibutyl Phthalate
      DMP*2 = Dimethyl Phthalate

    極性溶媒の比率を上げられ、難溶解化合物の分離に有効

    展開溶媒
    (Hex/AcOEt)
    Rf値
    DBP*1 DMP*2
    ①既存TLCプレート 85/15 0.41 0.21
    ②40F254TLCプレート 85/15 0.31 0.11
    ③40F254TLCプレート 80/20 0.42 0.19

    *既存TLCプレート:細孔径7 nmのシリカゲルを塗布したTLCプレート

  • 各分取用カラムの保持の相関グラフ

    プレセップ®シリカゲル(HC-N)カラムの溶出時間予測に最適です

物性表

シリカゲル70
プレートワコー
シリカゲル70F254
プレートワコー
シリカゲル70FM
プレートワコー
シリカゲル70PF254
プレートワコー
シリカゲル70F254PLC
プレートワコー
シリカゲル40F254TLC
プレートワコー
シリカゲルの細孔直径 約7 nm(70 Å) 約4 nm(40 Å)
シリカゲルの比表面積 450 m2/g 780 m2/g
シリカゲルの細孔容量 0.8 mL/g 0.6 mL/g
シリカゲル層の厚さ 0.25 mm 0.75 mm 1 mm 0.25 mm
支持体 ガラスプレート
固着剤 高分子ポリマー
蛍光指示薬 不含 単色蛍光体 混合蛍光体 単色蛍光体 単色蛍光体

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。