カートに追加しました

比較表に追加しました

フェニル-d5-ボロン酸 Phenyl-d5-boronic Acid

有機合成用
for Organic Synthesis
規格含量 :
95.0+% (Capillary GC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
215527-70-1
分子式 :
C6D5H2BO2
分子量 :
126.96
適用法令 :
PRTR-1
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
167-24521
JAN
4987481613355
1g
希望納入価格
22,700 円

6

販売元
163-24523
JAN
4987481625013
5g
希望納入価格
60,000 円

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 フェニルボロン酸は代表的なボロン酸の一種。アリールボロン酸とハロゲン化アリールから遷移金属を触媒に用いてビアリール化合物を合成する鈴木カップリング反応に用いられる。
フェニルボロン酸の安定同位体化合物。
重水素化ビルディングブロック


 古くから薬物動態に利用されてきた重水素化合物は、分析機器の発達に伴い微量定量分析の内部標準物質として、また近年は有機ELや光ファイバーなどの電子工業材料としても利用されています。最近では、ヘビードラッグ1)(重水素化された医薬品)が、元の医薬品と比較し生体内での代謝分解作用に対する抵抗性を示すことから、薬効を持続させる可能性があるとして、新薬開発の分野での用途が注目されています。当社では特色ある合成の一つとして重水素化率の高い化合物を簡便に合成する重水素交換反応2)を開発し、広範な重水素化合物を安価かつ大量に提供しています。

Wako Organic Square No.35, p.14
Wako Organic Square No.36, p. 4
Wako Organic Square No.37, p.10

物性情報

外観 白色, 結晶〜粉末
溶解性 エタノール及びアセトンに溶け、水にほとんど溶けない。
融点 約220℃
純度 重水素化率:98.0+%

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。