カートに追加しました

比較表に追加しました

パラホルムアルデヒド Paraformaldehyde

組織固定用
for Tissue Fixation
規格含量 :
94.0+% (as HCHO)(Titration)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
30525-89-4
分子式 :
(HCHO)n
適用法令 :
特化則第2類 安衛法57条・有害物表示対象物質 PRTR-1(特定) 安衛法・変異原性物質 労57-2 優先評価物質 劇-III
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
160-16061
JAN
4987481365353
100g
希望納入価格
2,300 円

20以上

販売元
162-16065
JAN
4987481319653
500g
希望納入価格
4,500 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈組織細胞化学〉〈固定剤〉
固定(fixation)とは、死体あるいは生体より採取した組織片のその生態または病態を顕微鏡標本として観察しようとする際、その組織片をできる限り「生きていた時の状態」のままで保存するための工程です。
その目的は
 ・可能な限り速やかに組織片の主要構成成分のタンパク質を安定させ、自家融解過程(autolysis)を停止させること。
 ・これに続く標本作製過程における薬品,熱などの影響による組織片の変質,変形をできる限り少なくすること。
――にあります。
〈光学顕微鏡用〉〈その他〉
和光純薬時報 Vol.60 No.4 p.21(1992)。
用途 酵素抗体を含む免疫組織染色の試料固定用。
使用方法 バッファーに60℃程度に加温し撹拌しながら溶解し、4%溶液を調製する。調製溶液は約1週間安定だが、新鮮な方が固定能が高いため、用時調製される。

物性情報

外観 白色の粉末
溶解性 水に溶けにくい (常温), エーテルに不溶。
水及びエタノールに溶けにくく、水酸化ナトリウム溶液に溶ける
融点 100℃
引火点 70℃
発火点 370℃

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。