CLARITY関連試薬

「CLARITY」は、新規組織透明化方法として、スタンフォード大学のKarl Deisseroth博士らよりNature誌で2013年3月に発表されました。
CLARITYは、蛍光タンパク質や抗体を用いた免疫染色が可能であることから、脳神経回路の解析に有用なツールであることが期待されています。
VA-044は、論文プロトコルの透明化工程で使用される試薬になります。


参考文献

  1. Chung,K et al. : Nature., 497, 332(2013).

プロトコル

00849_img01.jpg

● Hydrogel Monomer Solution組成

・VA-044・・・・・・・・・・・ 1 g
・40 %アクリルアミド ・・・・・40 mL
・2 %ビスアクリルアミド・・・・10 mL
・10 × PBS ・・・・・・・・・・40 mL
・16 %パラホルムアルデヒド・・ 100 mL
・サポニン・・・・・・・・・・・200 mg
・水・・・・・・・・・・・・・・210 mL

● 電気泳動バッファー組成

・ほう酸・・・123.66 g
・SDS・・・・400 g
・NaOH ・・・pH8.5になるように調整
・水・・・・・10 Lまでメスアップ

● 脂質除去電気泳動槽

・Electrophoresis Chamber For Lipid Extraction(日本エイドー)

● 循環ポンプ

・GPU-1、GPU-2(アズサイエンス)

CLARITY処理によるマウス脳

00849_img02.jpg

CLARITY処理したマウス脳イメージング

CLARITY処理したマウス脳イメージング CLARITY処理 + 抗体を用いたマウス脳イメージング
00849_img03.gif 00849_img04.gif
図2. CLARITY処理したThy1-YFP(H Line) マウス大脳の蛍光観察
(A) 脳皮質から海馬までの3-D観察画像
(B) 大脳皮質Ⅴ層の錐体細胞の樹状突起画像

撮影条件:2光子
使用機材:Olympus FV1000 正立顕微鏡、25倍液浸対物レンズ
図3. CLARITY処理後、Iba1抗体で染色したThy1-YFP(H Line)
   マウス大脳の蛍光観察
(A) 脳皮質中のミクログリア細胞3-D観察画像
(B) 皮質Ⅰ層を表層から観察した画像

撮影条件:1光子
使用機材:Olympus FV1000 正立顕微鏡、25倍液浸対物レンズ

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

CLARITY関連試薬

電気泳動槽

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。