カートに追加しました

比較表に追加しました

メチルコバラミン Methylcobalamin

生化学用
for Biochemistry
規格含量 :
95.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (室温輸送)
CAS RN® :
13422-55-4
分子式 :
C63H91CoN13O14P
分子量 :
1344.38
適用法令 :
PRTR-1 安衛法57条・有害物表示対象物質 労57-2
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
134-14263
JAN
4987481416475
1g
希望納入価格
17,100 円

14

販売元
132-14264
JAN
4987481416482
5g
希望納入価格
62,000 円

5

販売元
138-14261
JAN
4987481416468
100mg
希望納入価格
5,650 円

17

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 生体内補酵素ビタミンB12の一種。ビタミンB12は、シアノ基がコバルトに結合したタイプのものでシアノコバラミンと呼ばれている。しかし、生体内ではその他に置換同族体があり、本品はシアノ基の代わりにメチル基がついたものである。
ホモシステインからメチオニンを合成するメチル基転移反応に関与する。メチオニン合成反応を通じて貯蔵型葉酸の利用を促進すると共にt-RNAのメチル化など、核酸代謝にも関わる。
神経細胞内核酸合成の促進や神経組織細胞における神経線維の髄鞘形成促進が報告されている。
メチルコバラミンは, より活性の高いフォームのビタミンB12であり, 特に神経組織により効率的に運ばれ, 核酸, 神経伝達物質, リン脂質(ホスファジル・セリン, コリン等)の生成過程において, メチル基移転反応を促進し, 結果, アミノ酸代謝促進の働きに加えて, B12の抗ストレス力を強化する。
用途 薬理研究用。
使用上の注意 本品は光によって変化する。

物性情報

外観 暗赤色~暗褐色, 結晶~粉末
溶解性 水にやや溶けにくく、エタノールに溶けにくく、アセトニトリルにほとんど溶けない。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。