カートに追加しました

比較表に追加しました

β-ジホスホピリジンヌクレオチド, 酸化型, 酵母由来(β-NAD+) β-Diphosphopyridine Nucleotide, Oxidized Form, from Yeast(β-NAD+)

製造元 :
オリエンタル酵母工業(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
53-84-9
分子式 :
C21H27N7O14P2
分子量 :
663.4
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
308-50441
製造元
44050000
JAN
4987481508996
1g
希望納入価格
4,000 円

20以上

販売元
304-50443
製造元
44056000
JAN
4987481509009
5g
希望納入価格
14,000 円

4

販売元
302-50444
製造元
44057000
JAN
4987481509016
10g
希望納入価格
23,000 円

16

販売元
308-50446
製造元
44058000
JAN
4987481509023
50g
希望納入価格
80,000 円

ドキュメント

スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

製品規格

規格 規格値
純度 酵素反応に基づく純度 (ADH) ≧95%
水分 <8%
UV吸収スペクトル分析値
 260nmでの分子吸光係数 (pH 7.5)…εOX260 (18.0±0.5) x 103
 吸光度の比 (pH 7.5)…AOX250/AOX260 0.83±0.03
 吸光度の比 (pH 7.5)…AOX280/AOX260 0.21±0.02
 ADHによる還元反応後の340nmにおける分子吸光係数 (pH 10)…εrd340 (6.3±0.2) x 103L/mole/cm
 ADHによる還元反応後の吸光度の比 (pH 10)…Ard340/Ard260 0.43±0.01

基礎データ

保存

吸湿すると、純度の低下が促進される。

概要・使用例

概要 〈酵素・基質・阻害剤〉〈補酵素〉

 本品は広く酸化還元反応に関与する補酵素の一つでNAD(酸化型)・ NADH(還元型)の反応を行い、生体ではエネルギー産生機構に共役している。

物性情報

起源 yeast

製造元情報

別名一覧

  • β-nicotinamide-adenine dinucleotide (=β-NAD), oxidized form (free acid)
    β-Diphosphopyridine (=β-DPN), oxidized form(free acid)
    Coenzyme-I, oxidized form (free acid), from Yeast
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。