カートに追加しました

比較表に追加しました

抗γ1-アクチン, モノクローナル抗体 Anti γ1-Actin, Monoclonal Antibody

免疫化学用
for Immunochemistry
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
016-27821
JAN
4548995073037
10μg
希望納入価格
8,500 円

20以上

販売元
012-27823
JAN
4548995073044
200μg
希望納入価格
30,000 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
添付文書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アクチンのアイソフォーム

アクチンは筋収縮に必要なタンパク質として発見され、筋組織だけでなく細胞内骨格形成にも寄与することがわかっている構造タンパク質です。
役割・局在の異なる6つのアイソフォームに分類され、アイソフォーム間、種間で高いホモロジーを保持しています。

*アミカケ:6種類のアイソフォーム間で共通の配列

特に細胞質に局在して細胞骨格形成に関わるβ-アクチンとγ1-アクチンはホモロジーが非常に高く、375aaの全アミノ酸配列のうち、N末側4残基が異なるのみです。
量比はβ-アクチンの方が多いものの、β-アクチンとγ1-アクチンは共にほとんど全ての細胞に存在し、β-アクチンは細胞の遊走・移動に寄与し、γ-アクチンは細胞の構造維持に寄与すると報告されています。

データ:各アクチンアイソフォームに対する反応性(特異性確認)及び検出感度比較

  • サンプル: GST融合組換え体各アクチンタンパク質
    分子量約62 kD 20 ng/lane
        α1:α1-アクチン[骨格筋]
        α2:α2-アクチン[平滑筋]
        αC1:αC1‐アクチン[心筋]
         β:β‐アクチン[細胞質]
        γ1:γ1‐アクチン[細胞質]
        γ2:γ2‐アクチン[平滑筋]
     Cell Lysate: HEK293T細胞抽出液 分子量約42 kD 1μg/lane
     検出:ImmunoStar® Zeta
     露光時間:各抗体ごとに異なる。データの右に記載。

各アクチンアイソフォームへの本抗体の反応性を確認するため、各アイソフォーム(GST融合組換え体)及びHEK293T細胞抽出液に対するウエスタンブロットを行った。
本抗体(抗γ1-アクチン抗体)はγ1-アクチン以外のアイソフォームに反応せずγ1-アクチンにだけ反応し、HEK293T細胞抽出液に反応した。
また、他社の抗γ-アクチン抗体が組換え体抗原及び細胞抽出液のバンドの検出に3分の時間を要したのに対し、本抗体は1秒の露光で十分なバンドが検出できた。
γ1-アクチンに特異的、且つ高感度な抗体であることが確認できた。

概要・使用例

概要  アクチンは多量体を形成してアクチンフィラメントを作るタンパク質です。種間のホモロジーが高いタンパク質で、細胞骨格、筋肉に寄与します。
 鳥類・哺乳類においては6種のアイソフォームが存在し、3種類のα-アクチン、1種類のβ-アクチン、2種類のγ-アクチンが報告されています。これらのアイソフォームは、筋肉細胞(骨格筋、心筋、平滑筋)に局在するもの、非筋肉細胞に局在するものがあり、α skeletal, α cardiac, α smooth, γ smooth, β cyto, γ cytoなどと呼ばれる他、別の名称で呼ばれることがあります。
 非筋肉細胞に局在するβ cyto actin及びγ cyto actinのアミノ酸配列の違いは、アミノ酸375残基の内、N末端側のアミノ酸4残基のみです。β cyto actinは細胞の遊走、移動に寄与し、γ cyto actinは細胞骨格を形成して細胞の構造維持に寄与すると報告されています。いずれも、生体内の多くの器官に共通して発現することが知られています。

 本抗体は、非筋肉細胞に局在し、細胞の構造維持に寄与するγ1-アクチン(γ cyto; ACTG1 gene)に特異的な抗体です。
 他のアクチンアイソフォームと交差しないことを確認しています。

■ 溶液組成:10 mmol/L Sodium Phosphate, 150 mmol/L Sodium Chloride, pH 7.4 with 50% Glycerol.
■ 抗体濃度:0.5 mg/mL
使用方法 Western Blot 1:500~1:5000
*Optimize the most appropriate concentration for your analysis and samples.

物性情報

特異性 Human, Mouse, African Green Monkey.

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。