細胞骨格研究用試薬

細胞骨格(cytoskeleton)は細胞の維持、細胞運動、細胞分裂、細胞接着、細胞内小胞輸送に寄与する細胞内の三次元ネットワークです。
細胞骨格はアクチンフィラメント、中間径フィラメント、微小管の3種類のフィラメントからなります。

アクチンフィラメント

真核生物で最も豊富に存在するタンパク質;アクチンが重合して形成。
球状アクチン(G-アクチン)が重合しアクチンフィラメント(F-アクチン)を形成する。
細胞骨格の中で最も細い線維を形成するためマイクロフィラメントとも呼ばれる。

中間径フィラメント

アクチンフィラメントと微小管の中間の直径。
異なるタンパク質の重合体で、細胞の状況によって多様な構成を持つが、細胞の構造を支える共通の役割を持つ。

微小管

α-チューブリンとβ-チューブリンが交互に重合することで形成されるフィラメント。
キネシンやダイニンなどの微小管モータータンパク質との共作用により細胞小器官やタンパク質の細胞内移動に関与する。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

抗体

β-アクチン、γ1-アクチン、α-チューブリン、β-チューブリンに対する抗体

アクチン重合 関連試薬

アクチン重合/脱重合関連試薬、ファロイジン

チューブリン重合 関連試薬

チューブリン重合/脱重合関連試薬
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。