薬理試験: 安全性試験

ADRA法を用いた皮膚感作性評価受託試験

富士フイルム和光純薬株式会社

当社で発売しているADRAキットを用いて、皮膚感作性の評価試験を行います。
動物代替実験試験法の1つとして従来用いられていた試験(DPRA法)より高感度で、96-well plateを用いてハイスループットに評価可能です。皮膚感作性有無評価の1st screeningとして、本試験をご活用ください。

当社ADRAキットについてはこちらから

ADRA法とは

皮膚感作性とは、化学物質と皮膚の接触による接触性皮膚炎を起こす性質であり、化粧品など化学製品を安全に使用するため、正確な試験評価が求められています。

ADRA (Amino acid Derivative Reactivity Assay)はNAC (N-(2-(1-naphthyl)acetyl)-L-cysteine)とNAL (α-N-(2-(1-naphthyl)acetyl)-L-lysine)を用いた、皮膚感作性評価試験の動物実験代替法です。
OECD(経済協力開発機構)が定義する、皮膚感作性の有害性発現経路の4つのKey event(KE)のうち、感作性物質とタンパク質が結合し、複合体を形成する過程(KE1)での反応性の評価に使用できます。
OECD Test Guideline 442Cに収載されています。

皮膚感作性評価メカニズム

皮膚感作性の発現は感作性物質とタンパク質が結合し複合体を形成することから始まります。
(Key Event 1)

皮膚感作性メカニズムと各ステップに対応する評価方法

この結合は、タンパク質に含まれるシステインのチオール基またはリジンのアミノ基との共有結合によって発生します。ADRAは、タンパク質の代わりにNAC(システイン誘導体)、NAL(リジン誘導体)を用い、これらと被験物質の反応性からタンパク質との結合性を予測します。

ADRAで使用する化合物(NAC・NAL)

反応性の評価は、NAC・NALの溶液と被験化合物の溶液を混合し、25℃で24時間反応させたのち、反応液中に残存するNACとNALそれぞれの濃度をHPLCで定量し、その結果を元に皮膚感作性を評価します。

価格・納期

〇価格:1~3検体まで450,000円(税抜)
    4検体目以降は+50,000円/検体(税抜)

オプション
報告書作成:40,000円(税抜)
溶解性確認試験:25,000円/検体(税抜)

※先着3名様について、通常料金から最大50%OFFを実施中です。
 キャンペーン期間:2022年5月1日~2022年10月31日受注分まで
 詳細についてはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

〇納期:サンプル受領後2ヶ月程度
    速報(メールベースでのご報告)は1ヶ月程度でご案内いたします。

※サンプル量や試験の混み具合で納期をご相談させていただく場合があります。予めご了承ください。

納品データ例

解析データ例

解析データ例

p-ベンゾキノンについては、NAC・NAL共にピーク面積の減少が確認出来ているため、皮膚感作性陽性と判断。
グリセロールについてはNAC・NAL共にピーク面積の減少が見られないため、皮膚感作性陰性と判断。

対応可否判断に関して必要な情報

  • サンプル詳細(単一化合物なのか混合物なのか)
  • 単一化合物であれば分子量と純度情報
  • 溶媒情報(水、アセトニトリル、アセトン、5% DMSO/アセトニトリルの中から溶解する溶媒をご選択ください。不明な場合は溶解性確認試験が必要になります。)

注意事項

  • 本受託解析は試験研究以外の目的には使用しないでください。
  • 本サービスは得られた結果をそのまま納品するものであり、皮膚感作性有無の結果を保証するものではございません。皮膚感作性評価についてはIATA(代替法を複数組み合わせて総合的に評価する考え方)が推奨されております。
  • ご依頼内容との相違やサンプルによっては追加料金が発生する場合やサービスをお断りする可能性がございます。
  • 基本的にはOECD Test Guideline 442Cに従い、非GLP下で試験を実施します。
  • 本試験等の結果又はその利用が第三者の知的財産権を侵害しないことを弊社では保証いたしません。本試験等の結果を利用することによりお客様が被った損害を賠償する責めを負うことはできません。

siyaku.blog

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。

受託サービスに関するお問合せ先

お問合せ窓口