反応補助試薬

核酸の構成分子であるオリゴヌクレオチドの合成は、ホスホロアミダイト法と呼ばれるアミダイト体を用いた固相合成法の手法を用いるのが一般的です。脱トリチル化→アミダイト体のカップリング反応→キャップ反応→酸化(またはS化)反応というサイクルを目的の鎖長に達するまで繰り返すことで合成されます。この反応は自動合成機により行われます。

当社では、オリゴヌクレオチドの合成に用いる反応補助試薬をフルラインアップして販売しています。水分を極力低減させた低水分保証品や固相合成装置であるÄKTA Oligopilot用のアセトニトリル溶媒系試薬も取扱っています。組成やスケールアップのカスタマイズ、キャニスター缶供給も承ります。当社営業員または販売代理店にご相談ください。