硫化試薬

核酸のリン酸部位の修飾には、O (酸素原子) を S (硫黄原子に) 置換したホスホロチオアート修飾があります。核酸医薬では、酵素の標的となるリン酸エステル結合をチオリン酸エステル結合に変換することで、生体内での安定性を高めることが広く知られています。

詳細は こちら

本品は、ホスホロチオアート修飾型オリゴヌクレオチドの合成に使用する硫化剤です。ラインアップは、粉末品とあらかじめ調液した溶液品の 2 タイプです。容量は小容量パッケージとスケールアップ検討に便利な大容量 500 g 包装を取り扱っています。アカデミアの実験室から受託機関の生産まで同一品質で広くお使いいただけます。カタログ掲載容量以外にバルク (大容量品) の製造も承ります。

ホスホロチオアート修飾型オリゴヌクレオチド

  • 酵素の標的となるリン酸エステル結合を、チオリン酸エステル結合(ホスホロチオアート)に変換
  • ホスホロチオアートの合成は亜リン酸エステルを酸化の代わりに、硫化することで達成
  • デコイ核酸、アンチセンス医薬品の合成手法に使用

反応機構

【参考文献】
和田猛監修:核酸医薬の創製と応用展開 (株式会社シーエムシー出版) (2016)

溶解性データ

表. DDTTの溶解性 (製品コード:40-4037 SULFURIZING REAGENT II)
DDTT濃度 溶媒と混合比
Pyridine : Acetonitrile Pyridine : THF
0.1M 100 : 0 40 : 60
0.06M 50 : 50
0.05M 40 : 60 20 : 80
0.03M 30 : 70
0.02M 20 : 80 0 : 100

参照:Glen Research社 Technical Documents

注意事項

  1. 富士フイルム和光純薬および富士フイルムワコーケミカルが製造する硫化剤は、試験研究用として販売しています。商用目的で使用するお客様は関連特許をご確認ください。
  2. 製品コード042-34411, 040-34412, 044-34415, 196-18761 は米国の特許で規制されています。米国で使用するお客様には販売できません。
  3. 製品コード324-72121 は無規格品として用途を限定せずに販売しています。核酸合成に用いる場合は関連特許をご確認ください。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

富士フイルム和光純薬

Glen Research 社

ChemGenes社

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。