キャッピング試薬

オリゴヌクレオチドの合成にはホスホロアミダイト法と呼ばれる固相合成法が用いられます。 本製品は、ホスホロアミダイト法に用いるキャッピング試薬です。前工程のカップリング反応では未反応鎖が残り、続く酸化反応を妨げます。そこで、未反応鎖 5'-OH 基をアセチル化することで伸長反応を防ぎます。キャッピング反応は、一般的に、無水酢酸と 1-メチルイミダゾールの THF 溶液またはアセトニトリル溶液で処理することで行われます。詳細はこちら

特長

  • ホスホロアミダイト法のキャッピング反応に使用
  • 水分値を保証
  • 合成機に応じて、溶媒は THF またはアセトニトリルを選択可能

反応機構

キャッピング反応

【参考文献】

和田猛監修:核酸医薬の創製と応用展開 (株式会社シーエムシー出版) (2016)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

アセトニトリル溶媒

THF溶媒

Glen Research 社 THF 溶媒 選択群①

Glen Research 社 THF 溶媒 選択群②

Glen Research 社 アセトニトリル溶媒

ChemGenes 社 THF 溶媒

ChemGenes 社 アセトニトリル溶媒

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。