ダイオキシン類分析用溶媒

100,000倍濃縮を行った溶媒に「高分解能GC/MS法」によるダイオキシン類分析適合性試験を実施し、製品中のPCDD、PCDF、コプラナーPCBが低濃度であることを保証しています。
※ 一部の溶媒では濃縮倍率が異なります。

ダイオキシン類分析適合性試験

ダイオキシン類分析適合性試験 (例:アセトン)

PCDDs 分析項目 規格値 PCDFs 分析項目 規格値 コプラナー
PCBs
分析項目 規格値
Tetra-CDDs 1 pg/L以下 Tetra-CDFs 1 pg/L以下 Tetra-CBs 10 pg/L以下
Penta-CDDs 1 pg/L以下 Penta-CDFs 1 pg/L以下 Penta-CBs 10 pg/L以下
Hexa-CDDs 1 pg/L以下 Hexa-CDFs 1 pg/L以下 Hexa-CBs 10 pg/L以下
Hepta-CDDs 5 pg/L以下 Hepta-CDFs 5 pg/L以下 Hepta-CBs 10 pg/L以下
Octa-CDD 5 pg/L以下 Octa-CDF 5 pg/L以下

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

100,000 倍濃縮

10,000 倍濃縮

25 倍濃縮

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。