土壌抽出液,廃油等のクリーンアップに

ダイオキシン類分析用シリカゲル

多層シリカゲルカラムクロマトグラフィーを用いたダイオキシン類分析時のクリーンアップでは、2%水酸化カリウムシリカゲル、10%硝酸銀シリカゲル、22%, 44%硫酸シリカゲルが使用されます。

また、土壌、底質、ゴミ焼却施設の排ガス試料のダイオキシン分析においては、色素成分のクリーンアップ法として、硫酸処理が多用されていますが、その操作は大変煩雑です。

55%硫酸シリカゲルは、硫酸の含量が高いため、攪拌・ろ過程度の簡便な方法で硫酸と同等の処理が可能です。さらにPOPs農薬分析や廃油分析へも応用できます。

ワコーゲル® DX

ダイオキシン類分析適合試験でダイオキシン類の低含量を保証したシリカゲル充填剤です。

①ダイオキシン類

  • PCDDs

    分析項目 規格値
    2,3,7,8-Tetra-CDD 5 pg/10 g以下
    1,3,6,8-Tetra-CDD 5 pg/10 g以下
    1,3,7,9-Tetra-CDD 5 pg/10 g以下
    1,2,3,7,8-Penta-CDD 5 pg/10 g以下
    1,2,3,4,7,8-Hexa-CDD 5 pg/10 g以下
    1,2,3,6,7,8-Hexa-CDD 5 pg/10 g以下
    1,2,3,7,8,9-Hexa-CDD 5 pg/10 g以下
    1,2,3,4,6,7,8-Hepta-CDD 5 pg/10 g以下
    Octa-CDD 10 pg/10 g以下
  • PCDFs

    分析項目 規格値
    2,3,7,8-Tetra-CDF 5 pg/10 g以下
    1,3,6,8-Tetra-CDF 5 pg/10 g以下
    1,2,3,7,8-Penta-CDF 5 pg/10 g以下
    2,3,4,7,8-Penta-CDF 5 pg/10 g以下
    1,2,3,4,7,8-Hexa-CDF 5 pg/10 g以下
    1,2,3,6,7,8-Hexa-CDF 5 pg/10 g以下
    1,2,3,7,8,9-Hexa-CDF 5 pg/10 g以下
    2,3,4,6,7,8-Hexa-CDF 5 pg/10 g以下
    1,2,3,4,6,7,8-Hepta-CDF 5 pg/10 g以下
    1,2,3,4,7,8,9-Hepta-CDF 5 pg/10 g以下
    Octa-CDF 10 pg/10 g以下

②Co-PCBs

  • Non-ortho PCBs

    分析項目 規格値
    3,4,4',5-Tetra-CB 10 pg/10 g以下
    3,3',4,4'-Tetra-CB 10 pg/10 g以下
    3,3',4,4',5-Penta-CB 10 pg/10 g以下
    3,3',4,4',5,5'-Hexa-CB 10 pg/10 g以下
  • Mono-ortho PCBs

    分析項目 規格値
    2',3,4,4',5-Penta-CB 10 pg/10 g以下
    2,3',4,4',5-Penta-CB 10 pg/10 g以下
    2,3,4,4',5-Penta-CB 10 pg/10 g以下
    2,3,3',4,4'-Penta-CB 10 pg/10 g以下
    2,3',4,4',5,5'-Hexa-CB 10 pg/10 g以下
    2,3,3',4,4',5-Hexa-CB 10 pg/10 g以下
    2,3,3',4,4',5'-Hexa-CB 10 pg/10 g以下
    2,3,3',4,4',5,5'-Hepta-CB 10 pg/10 g以下

プロトコル (55%硫酸シリカゲル)

① 50 mL 比色管に土壌抽出液(ヘキサン溶液)
  10 mL(90g 相当)入れる。(写真左)
② 55 % 硫酸シリカゲル 3 g を添加する。
③ チューブミキサーで 30 秒間攪拌する。
 (AS ONE TUBE MIXER TRIO HM-2 使用)(写真中央)
④ 上澄み液をガラス繊維ろ紙で、ろ過する。(写真右)

データ (55%硫酸シリカゲル)

55%硫酸シリカゲルのブランク値(参考)

PCDDs/Fs 実測値(fg/g) DL-PCBs(Dioxin Like-PCBs) 実測値(fg/g) 
2,3,7,8-TeCDD 25 ↓ 3,4,4',5-TeCB(#81) 30 ↓
1,2,3,7,8-PeCDD 25 ↓ 3,3',4,4'-TeCB(#77) 30 ↓
1,2,3,4,7,8-HxCDD 30 ↓ 2,3',4,4',5-PeCB(#118) 30 ↓
1,2,3,6,7,8-HxCDD 30 ↓ 2,3,4,4',5-PeCB(#114) 30 ↓
1,2,3,7,8,9-HxCDD 30 ↓ 2,3,3',4,4'-PeCB(#105) 30 ↓
1,2,3,4,6,7,8-HpCDD 30 ↓ 3,3',4,4',5-PeCB(#126) 30 ↓
1,2,3,4,6,7,8,9-OCDD 50 ↓ 2',3,4,4',5-PeCB(#123) 30 ↓
2,3,7,8-TeCDF 25 ↓ 2,3',4,4',5,5'-HxCB(#167) 30 ↓
1,2,3,7,8-PeCDF 25 ↓ 2,3,3',4,4',5-HxCB(#156) 30 ↓
2,3,4,7,8-PeCDF 25 ↓ 2,3,3',4,4',5'-HxCB(#157) 30 ↓
1,2,3,4,7,8-HxCDF 30 ↓ 3,3',4,4',5,5'-HxCB(#169) 30 ↓
1,2,3,6,7,8-HxCDF 30 ↓ 2,3,3',4,4',5,5'-HpCB(#189) 30 ↓
1,2,3,7,8,9-HxCDF 30 ↓    
2,3,4,6,7,8-HxCDF 30 ↓    
1,2,3,4,6,7,8-HpCDF 30 ↓    
1,2,3,4,7,8,9-HpCDF 30 ↓    
1,2,3,4,6,7,8,9-OCDF 50 ↓    

アプリケーション (55%硫酸シリカゲル)

多層シリカゲルカラムとの併用によるクリーンアップ効果

操作手順

Presep® 多層シリカゲル (製品コード:295-4165) のフィルター上に Wakogel® DX 2 g、55%硫酸シリカゲル 3 g、無水硫酸シリカゲル 5 gを順に積層し、多層シリカゲルカラムを調製した。このカラムをヘキサン150 mLで予備洗浄した後、土壌抽出液10 mLを注入、ヘキサン150 mLで通液し、処理液を1 mLまで濃縮した。濃縮液をGC/MS (四重極)で分析し、クリーンアップされた成分の挙動を確認した。

多層シリカゲルカラムのみの場合、農薬やPAHs等のクリーンアップは可能であったが、一部の成分は破過してしまい、若干量の芳香族化合物が残留した。一方、55%硫酸シリカゲルを積層するとほぼ完全に夾雑成分のクリーンアップが達成され、GC/MS測定で妨害を及ぼさない飽和炭化水素類のみが検出された。

参考文献

  1. 伊藤智博、黒岡正治、牧野悠一、上森仁志:特許公報、第5691120号(2015)
  2. 伊藤智博、牧野悠一、黒岡正治ら:第17回環境化学討論会要旨集、p420-421(2008)
  3. 伊藤智博、山本美穂、黒岡正治ら:第9回環境化学討論会要旨集、p206(2000)
  4. 伊藤智博、宮本信一、松村徹ら:第14回環境化学討論会要旨集、p358(2005)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

シリカゲル

ダイオキシン類分析適合試験でダイオキシン類の低含量を保証したシリカゲル充てん剤です。

化学修飾シリカゲル

活性炭埋蔵シリカゲル

微粒活性炭をシリカゲル埋蔵させた、活性炭の特性を生かしし、かつ透過性に優れた充てん剤です。

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

溶媒

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。