ジスルフィド結合形成試薬『Npys-OMe』

東京薬科大学の林良雄教授の研究グループが開発したジスルフィド形成試薬です。 SH基を複数有する化合物と反応し、ジスルフィド結合形成により選択的な分子内環化反応が進行します。有機合成、特に、ペプチド合成において効果的な試薬です。 創薬研究にご検討ください。

特長

  • SH基を複数有する化合物と反応してジスルフィド結合を形成
  • 選択的な分子内環化反応が可能
  • 空気酸化と比較して高濃度かつ迅速に反応
  • ヨウ素酸化と比較して穏和な条件下で反応

基本反応

反応例


A) Npys-OMe添加前


B) 反応開始後3時間

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。