カートに追加しました

比較表に追加しました

ヒポキサンチン Hypoxanthine

和光特級
Wako Special Grade
規格含量 :
98.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
68-94-0
分子式 :
C5H4N4O
分子量 :
136.11
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
080-03401
JAN
4987481275430
1g
希望納入価格
2,000 円

20以上

販売元
086-03403
JAN
4987481379664
5g
希望納入価格
3,500 円

20以上

販売元
088-03402
JAN
4987481275447
25g
希望納入価格
10,500 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈免疫研究用試薬〉〈ハイブリドーマ作製・リンパ球培養試薬〉〈ハイブリドーマ作製・リンパ球培養試薬〉
 KoehlerとMilsteinによる、骨髄腫細胞とSRBC抗体産生リンパ球とを融合させ、抗体産生雑種細胞を樹立したその一連の研究の発表(1975年Nature)は免疫研究手法の画期的技術として大きな衝撃を与えました。それは吸収を行ったとしても、あいまいさの懸念が残る旧来の抗血清と異なり、単一の抗原決定基(分子)を認識する抗体を得ることができること、また従来の抗血清に比べ10^3~10^4倍もの高力価のものが得られることです。そのために、細胞表面抗原に対する抗体を作製することにより、リンパ球の分化や機能の解析に、腫瘍特異性をマーカーにして診断や治療に、ウイルス・原虫に対するワクチンの製造や感染メカニズムの解析に、膜レセプターの解明と免疫応答や発現機序の解析、自己免疫や免疫異常、イデオタイプの解析などに広く応用されており、またT細胞ハイブリドーマ樹立による免疫機能、分化とサブポピュレーションやT細胞因子の解析に有力な技術となっています。
 
〈培養工学用試薬〉〈動物組織培養〉〈同調培養試薬〉
用途 同調培養用試薬。
使用上の注意 不活性ガス封入

物性情報

外観 白色〜わずかにうすい褐色, 結晶性粉末〜粉末
溶解性 熱水, 希塩酸, 希アンモニア水に微溶。冷水に難溶。 (0.07g/dl at5℃)。
熱水、希塩酸及び希アンモニア水にわずかに溶け、冷水にほとんど溶けない。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。