カートに追加しました

比較表に追加しました

グリベンクラミド Glibenclamide

生化学用
for Biochemistry
規格含量 :
98.0+% (Titration)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
10238-21-8
分子式 :
C23H28ClN3O5S
分子量 :
494.00
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
078-03881
JAN
4987481272798
5g
希望納入価格
5,000 円

17

販売元
076-03882
JAN
4987481272804
25g
希望納入価格
19,000 円

7

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈薬理・生理研究試薬〉〈ホルモン〉
 ホルモンとは、特定の組織または臓器で産出され、血液によって他の部位に運ばれ、目的とする標的器官の機能を支配する生理物質をいいます。
 ホルモンは化学構造上から次のように分類されます。
  a)タンパク質系およびペプチド系ホルモン:脳下垂体ホルモン、膵臓ホルモン
  b)生体アミン系ホルモン :神経ホルモン、甲状腺ホルモン
  c)ステロイド系ホルモン :性ホルモン、副腎皮質ホルモン
〈膵臓ホルモンおよび抗糖尿病作用物質〉
 ランゲルハンス島のα細胞からは血糖上昇作用をもつグルカゴンが、β細胞からは血糖低下作用をもつインスリンが内分泌され、血糖の調節を行っています。
 スルホニル尿素系の血糖降下物質。膵臓のATP依存性K+チャネルを遮断することにより、細胞内のCa2+を増し、その結果インスリンの分泌を増大する。心臓や血管でのK+チャネル開口薬の作用に薬理学的に拮抗する。
 
〈細胞研究試薬〉〈細胞膜研究試薬〉〈膜透過関連試薬〉〈カリウムチャネル阻害剤〉
WAKO BIO WINDOW No.31,p12(2001)、No.45,p14(2002.NOV.)。
用途 薬理研究用、糖尿病の基礎研究。

物性情報

外観 白色~ごくうすい黄色, 結晶~粉末
溶解性 ジメチルホルムアミドに易溶、クロロホルムにやや難溶、メタノール,エタノールに難溶、水,エーテルにほとんど不溶。
N,N-ジメチルホルムアミドに溶けやすく、クロロホルムにやや溶けにくく、メタノール又はエタノール(95)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。
融点 約276℃

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。