カートに追加しました

比較表に追加しました

BOP 試薬 BOP Reagent

ペプチド合成用
for Peptide Synthesis
規格含量 :
98.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (室温輸送)
CAS RN® :
56602-33-6
分子式 :
C12H22F6N6OP2
分子量 :
442.28
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
027-10201
JAN
4987481224476
10g
希望納入価格
6,900 円

20以上

販売元
023-10203
JAN
4987481224483
100g
希望納入価格
37,000 円

14

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈タンパク質工学用試薬〉〈ペプチド合成試薬・酵素〉
ペプチド合成は、医薬品工業、食品化学工業、基礎生化学などの分野で、ペプチドの構造確認、機能解明、物性研究のための材料提供や、貴重なペプチドの大量合成および天然物より優れた類似体の創作を目的に幅広く行われています。
〈縮合試薬〉
ペプチド合成において、ペプチド結合(-CONH-)を生成させるのに用いる。その他の分野においても、脱水結合させるための用途は広い。
 ”BOP試薬”(ベンゾトリアゾリル-N-ヒドロキシトリスジメチルアミノホスホニウムヘキサフルオロリン化物塩)は反応が早く、さらに副生成物は水に溶けやすい。当然ながらDCUreaなどの生成がないという長所がある。RivailleらはLH-RH合成のフラグメント合成に、またWengerはシクロスポリンの合成に利用した。
 
〈生化学用(基礎)試薬〉〈コンビナトリアルケミストリー関連試薬/キット〉〈その他関連試薬〉〈縮合剤〉
Wako Organic Square No.1 p10(1998)。
用途 固相法によるペプチド合成のカップリング試薬。有機合成(和光試薬時報Vol.64 No.2,p.26(1996))。
使用上の注意 アルゴン封入

物性情報

外観 白色, 結晶〜粉末
溶解性 N,N-ジメチルホルムアミドに溶ける。
アセトンに溶け、水及びエタノールにほとんど溶けない。
融点 約135℃(分解)

製造元情報

別名一覧

  • ベンゾトリアゾール-1-イルオキシトリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロホスフェート
    ベンゾトリアゾール-1-イルオキシトリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムヘキサフルオロりん酸塩
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。