カートに追加しました

比較表に追加しました

抗りん酸化Tau S422, モノクローナル抗体(AP422) Anti Phosphorylated Tau S422, Monoclonal Antibody(AP422)

免疫化学用
for Immunochemistry
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
016-27681
JAN
4548995069252
10μL
希望納入価格
12,000 円

5

販売元
012-27683
JAN
4548995069269
50μL
希望納入価格
50,000 円

9

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 Tauは、微小管結合タンパク質の一つで、主に中枢神経系の神経細胞に発現しており、微小管の安定化を制御しています。アルツハイマー病患者の脳では、りん酸化Tauが蓄積した神経原線維変化が形成され、その出現の程度が認知症の重症度と相関すると報告されています。そのため、Tauはアルツハイマー病の原因究明や治療薬開発のために研究されています。本品はS422がリン酸化されたTauを認識するマウスモノクローナル抗体です。

抗原:CGG+S422をリン酸化させたヒトTau417-427 a.a.(CGGIDMVDpSPQLAT)
抗体サブクラス:マウスIgG1・κ
種交差性:ヒト、マウス
実験適応: ウエスタンブロット(1:250-1,000)、免疫組織染色(1:250-1,000)
本品使用文献
1)Hasegawa, M., et al.: FEBS Lett., 384, 1, 25(1996).
2)Goedert, M., et al.: FEBS Lett., 409, 1, 57(1997).
3)Buée-Scherrer, V., et al.: FEBS Lett., 515, 1, 151(2002).
4)Delobel, P., et al., J. Neurochem., 83, 2, 412(2002).
5)Bellucci, A., et al.: Am. J. Pathol., 165, 5, 1643(2004).
6) Sylvie, L. C., et al.: PNAS, 103, 25, 9673(2006).
7) Schindowski, K., et al.: Am. J. Pathol., 169, 2, 599(2006).
8) Audouard, E., et al.: Am. J. Pathol., 186, 10, 2709(2016).
   

物性情報

外観 液体

製造元情報

別名一覧

  • 抗Tau pS422, マウスモノクローナル抗体(クローンNo. AP422)
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。