エクソソーム関連サービス

エクソソーム単離~プロテオーム解析パック

富士フイルム和光純薬株式会社

エクソソームにおける研究では、バイオマーカー探索などの1つの手法としてプロテオーム解析が用いられます。

当社ではエクソソーム単離からプロテオーム解析までを一貫して行う受託サービスをご提供しております。当社にてサンプルをお預かりしPSアフィニティ法によるエクソソームの単離、ナノサイト解析、BCAアッセイを行います。(ナノサイト解析とBCAアッセイの結果をクオリティチェックとします。) クオリティチェック後、メディカル・プロテオスコープにて非標識LC-MS/MSを用いてプロテオーム解析を行います。プロテオーム解析のみでも対応可能です。

エクソソームのプロテオーム解析に関する記事はこちら

  • ad_20200803_exosome_webinar_viewing.png
  • banner_exosome_custom_catalog.png
  • banner_exosome_catalog.png

こんなお客様におすすめ

  • エクソソームに含まれるタンパク質を網羅的に解析したい方
  • プロテオミクスの観点からバイオマーカー探索を行っている方
  • 以前プロテオーム解析を行った経験があるが、希望するデータが得られなかった方

サービスの特長

高純度で単離したエクソソームでプロテオーム解析が可能!

エクソソームの純度が低いと夾雑物由来のタンパク質が多く同定されたりすることがあります。PSキットで単離したエクソソームは高純度が特長のため、エクソソーム由来タンパク質を同定しやすいです。

エクソソーム研究のノウハウ×プロテオーム解析の経験を活かしたサポート!

エクソソーム単離作業については当社の持つ知識、経験でサポートします。
エクソソームのプロテオーム解析では微量タンパク質を解析することから試料調整などの条件検討が重要です。プロテオーム解析実施元のメディカルプロテオスコープはプロテオーム解析に関してプロフェッショナルです。試料調整からデータ解析まで一貫してサポートします。

納品物

試験報告書

報告書内容
  • 各試験プロトコル
  • ナノサイト解析データ (粒子数、粒子径データ)
  • プロテオーム解析データ (ペプチドとタンパク質の各レベルでそれぞれ表計算ファイルにまとめます。主に以下の内容が含まれます)
     -同定されたタンパク質の名称
     -ペプチドのアミノ酸配列
     -翻訳後修飾の種類と修飾アミノ酸残基
     -各試料から得られたタンパク質計量値
     -試料間のタンパク質計量比

その他、ご希望のデータなどございましたらご相談下さい。(同定されたタンパク質の局在が知りたいなど)

解析データ例

ヒトCSFからPSキットを用いてエクソソームを単離。プロテオーム解析を行い、同定されたタンパク質の一覧 (※一部抜粋データ)

Accession Unique peptides Description
P02788 80 Lactotransferrin
P05164;P11678 37 Myeloperoxidase
P61626;Q81XA5 20 Lysozyme C
Q9UGM3 10 Deleted in malignant brain tumors 1 protein
P13646;O76009;P02534;P35900 8 Keratin, type I cytoskeletal 13
P03973 2 Antileukoproteinase
Q5QNW6;Q96A08 2 Histone H2B type 2-F
P02655 2 Apolipoprotein C-Ⅱ
P60033 4 CD81 antigen
P21926 3 CD9 antigen

上記の通りエクソソームマーカータンパク質であるCD81,CD9が同定された。

サービスの流れ

  • ステップ②では結果について速報をご連絡致します。エクソソーム様粒子が確認できない、もしくは収量が乏しい場合は次のステップに進むかどうかご相談の上決定致します。
プロテオーム解析使用機器

LC: Ultimate 3000 RSLCnano (Thermo Fisher Scientific)
MS/MS: Q Exactive質量分析計 (Thermo Fisher Scientific)
データ解析ソフト: Proteome Discoverer (ver. 2.2) (Thermo Fisher Scientific)

価格/納期

サンプル数や測定数など条件によって変わります。ご相談ください。

ご提供いただくサンプル条件

初期サンプル量(目安) ※初期サンプル量は検体によって変わります

  • 細胞培養上清:20 mL以上(濃縮後、精製)
  • 血清、血漿 (血漿についてはヘパリン処理):2 mL

分析に必要なタンパク質混合物の量(目安)

  • 試料間の計量比較の場合:30 μg以上
  • タンパク質同定一覧の取得の場合:10 μg以上
  • QCとしてBCAアッセイにより総タンパク質定量を行います。

精製後サンプルのQCで一定以下の値の場合はご相談の上、プロテオーム解析を行うか決定いたします。

注意事項

本サービスは測定・解析結果をお返しするものであり、確実に有意な結果が出ることを保証するものではありません。
その他のご注意点についてはお打ち合わせ時や試験計画書にてあらかじめお伝えいたします。

お見積り・ご注文について

ご依頼方法

依頼フォームよりご依頼ください。

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。

受託サービスに関するお問合せ先

お問合せ窓口