元素標準液(金属標準液)

電子材料や水質の他、食品や医薬品でも微量元素の管理が必要とされています。
当社は、金属不純物を抑えた「高純度酸」類、全自動で前処理が行える「全自動酸分解前処理装置」、検量線作成に用いられる「元素標準液」を取り揃え、微量元素分析をトータルでサポートしています。

当社では原子吸光分析やICP分析の際に検量線作成に用いられる元素標準液を多数取り揃えています。

元素標準液の1つであるJCSS実用標準液は、JCSS認定シンボルのついた校正証明書付きの標準液です。当社は、ILAC(国際試験所認定協力機構)およびAPAC(アジア太平洋認定協力機構)のMRA(相互承認協定)に加盟しているIAJapan(独立行政法人製品評価技術基盤機構認定センター)により国際MRA対応認定事業者として認定を受けており、その証としてILAC MRA付きJCSS認定シンボルのついた校正証明書を発行しています。このJCSS証明書記載の値付け結果はILAC/APACのMRAを通じて、国際的に受け入れ可能です。

また、ICP分析用元素標準液は、長年のJCSS実用標準液供給で得た技術を活用して調液された、JCSS実用標準液又はNIST SRMにトレーサブルな標準液です。微量元素分析では多元素一斉分析が主流のため、使用する標準液の不純物元素情報は重要です。ICP分析用元素標準液はICP-MS測定により成分以外の不純物元素を保証しており、不純物の少ない高純度な標準液となっています。