ICP分析用元素標準液

00442_img01.png

近年、電子材料や水質の他、食品や医薬品でも微量元素の管理が必要とされています。微量元素分析では多元素一斉分析が主流のため、使用する標準液の不純物元素情報は重要です。

当社では不純物の少ない高純度な原料を使用した標準液を品揃えしました。本製品は、長年JCSS実用標準液の供給で得た技術を活用し、JCSS実用標準液またはNIST SRMにトレーサブルな標準液となっています。

特長

  • 現品説明書に不純物元素情報を記載
  • 不純物の少ない高純度な原料を使用
  • JCSS実用標準液※またはNIST SRMにトレーサブル

※JCSS実用標準液と同じ手法で濃度測定

現品説明書(単品標準液)

ひ素標準液 (As 1000)の現品説明書例

00442_img02.png

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。