残留DNA検査:抽出・検出

バイオ医薬品の製造工程において、宿主細胞のDNAは、腫瘍形成の原因になる恐れがあり、製造工程由来不純物として管理する必要があります。
​世界保健機関(WHO)、米国食品医薬品局(FDA)、欧州薬局方(EP)では、最終的な宿主由来残留DNA量を10 ng/doseもしくは100 pg/dose未満とする指針が示されています。

当社では、CHO細胞の残留DNAを検出・定量するqPCRキット「QCdetect™ Residual DNA Detection Kit for CHO cells」、および残留DNAを抽出・精製するキット「DNA Extractor® Kit」を販売しています。​
抗体医薬品およびその製造プロセスの残存DNA検査にご使用いただけます。

バイオ医薬品の残留DNA検査の流れ

QCdetect™ Residual DNA Detection Kit for CHO cells

製品概要:QCdetect Residual DNA Detection Kit for CHO cells

本製品は、CHO細胞由来のゲノムDNAをqPCR(プローブ法)で定量するキットです。
抗体医薬品およびその製造プロセスの残存DNA検査にご使用ください。

  • 高感度検出:≧ 0.0003 pg
  • 直線性の高い検量線
  • アッセイ間差が少なく再現性が高い
  • Pre-mix bufferで操作が簡単
  • サンプル中の夾雑物の影響を受けにくい
  • Internal Control含有

検量線の例

残留DNA検査キットの検量線

0.0003 pgから30,000 pgのCHO gDNAを本製品でqPCRを行い、検量線を作成した(n=3)。

0.0003 pgから30,000 pgという広範囲の濃度幅においても、非常に直線性の高い検量線を得られた。

pg/well 0.0003 0.003 0.03 0.3 3 30 300 3000 30000
Ct 37.639 34.822 31.546 28.117 24.809 21.337 18.079 14.726 11.506
37.107 34.981 31.506 28.324 24.906 21.416 18.084 14.744 11.467
37.642 34.689 31.595 28.267 24.987 21.533 18.225 14.807 11.269
Average Ct 37.462 34.830 31.549 28.236 24.901 21.428 18.129 14.759 11.414
S.E 0.30806 0.14652 0.04455 0.10713 0.08904 0.09853 0.0831 0.0424 0.12685

DNA断片の検出

断片化したCHO gDNAを検出できるかを調べるため、CHO gDNAをSonicationで断片化し、本製品で検出した。

断片化したgDNAもIntact gDNAと同様の感度で検出できた。また、低濃度のgDNAであっても検出感度の低下は見られなかった。

  • 断片化したCHOゲノムDNA
  • qPCRによる断片化したCHOゲノムDNAの検出

高濃度タンパク質を含むサンプルでの使用例 -DNA Extractor® Kitとの併用-​

DNA Extractor® Kitおよび本製品の併用によるCHOゲノムDNAの回収率

γ-globulinを高濃度に含むサンプルへCHO gDNAを添加し、DNA Extractor® KitでDNAを抽出した。 次に、得られたDNAを本製品で定量し、添加回収率を求めた。

Sampleの組成
  • 20 mg/mL γ-globulin
  • 3 % Mannitol
  • 2 % Sucrose
  • 10 mM L-Arginine
  • 0.01 % Tween20
添加したCHO gDNAの濃度
  • 10 ng/mL
  • 1 ng/mL
  • 100 pg/mL

高濃度のタンパク質を含むサンプルにおいても、高い回収率でCHO gDNAを回収できた。

キット構成​

品名 容量
1×PCR Master Mix  2 x 1 mL
DNA Dilution Buffer(DDB) 1 x 10 mL
CHO Control DNA 1 x 40 μL

検出波長

  • CHO gDNA 520 nm(例:FAM)
  • Internal Control 554 nm(例:HEXなど)

Internal Controlは非天然の合成DNAです。

DNA Extractor® Kit

残留する宿主細胞由来のDNAをよう化ナトリウム法で抽出するキットです。抽出したDNAはqPCRで定量できます。 CHO細胞、大腸菌、酵母などホストセル由来DNA量の検査、管理にご使用ください。

  • 微量DNA(100-1,000 fg)を高い収率で回収
  • チューブ交換不要(チューブ1本で全工程完了)
  • スタートから抽出完了まで60-90 分間
  • 高濃度タンパク質含有サンプル用プロトコルあり
  • よう化ナトリウム法*採用
* よう化ナトリウム法は、USP(The United States Pharmacopeia)42-NF37の
<509>Residual DNA Testingで紹介されている残留DNA抽出法です。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

CHO由来DNA検出キット

DNA抽出キット

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。