GPC用溶媒

GPC用溶媒はポリマーの溶解・分析時の加熱による溶媒の着色がないことを確認した溶媒です。着色の確認の他に水分、過酸化物、不揮発物、不純物による屈折率の変化や紫外線吸収を保証しており、GPCの溶離液調製に最適です。

  • ad_20210824_polymer_polymerization_catalog.png

加熱試験データ

1-クロロナフタレンの例

250 ℃・180 分加熱後外観比較
A:GPC用溶媒
B:当社従来品



当社従来品を250℃で加熱すると変色が見られるが、GPC用溶媒では高温による加熱でも変色しません。
そのため、装置やカラムにダメージを与えません。

UVスペクトル例と使用例

テトラヒドロフラン(安定剤不含) テトラヒドロフラン(安定剤含有) 1-メチル-2-ピロリドン
UVスペクトル例 00959_img02.png 00959_img03.png 00959_img04.png
使用例 ・一般的なGPC分析にお使いください。 ・GPCカラムの溶媒由来の劣化を抑えたい時や
 RI、UV(320nm以上)の分析時にお使いください。
・高分子ポリマーなど難溶性化合物の分析に
 お使いください。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。