容量分析用標準液

容量分析用標準液は、濃度が精密に知られた試薬溶液で、主として容量分析に用いるものです。


容量分析用標準液には規定のモル濃度に調製された液を用います。それぞれの標準液につき規定された物質1モルが 1000 mL 中に正確に含まれるように調製した溶液が 1 モル濃度溶液であり、1 mol/L で表します。また必要に応じて、それらを一定の割合に薄めた液を用います。例えば 1 mol/L 溶液を 10 倍容量に薄めたものは 0.1 mol/L 溶液です。


容量分析用標準液は、別に規定するもののほか、無色または遮光した共栓瓶に入れ、保存してください。

認定証と認証書

当社では国内試薬メーカーで初めて局方一般試験法用の容量分析用標準液について、(独)製品評価技術基盤機構認定センター(IAJapan)が運営するASNITE(製品評価技術基盤機構認定制度)認定プログラムによって、標準物質生産者認定を取得し、認証標準物質の供給を開始しました。


日本薬局方に準じた調製および標定を行い、濃度を保証した認定シンボル付きの認証書を発行しています。


認証書には下記情報を記載しています。

  • 特性値(ファクター)
  • 不確かさ
  • 測定年月日
  • 保証期限
  • 発行日 など

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

認証標準物質

日本薬局方に準じた調製および標定を行い、濃度を保証しております。
認証標準物質をご購入いただいた方には、不確かさが付与された認定シンボルを付した認証書を発行することができます。

局方一般試験法用

本品は日本薬局方に準じた調製および標定を行ってます(順次認定取得予定)。
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。