カートに追加しました

比較表に追加しました

ゲルライト® Gelrite®

細胞培養用
for Cell Culture
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷所 (25℃以下)
CAS RN® :
71010-52-1
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
075-05655
JAN
4987481491533
500g
希望納入価格
28,000 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 ゲルライトは米国のペンシルバニア州の水草から発見されたPseudomonas属菌がグルコースを基質として作り出すヘテロオリゴ糖です。低濃度でも強固なゲルを形成し、寒天の約4倍の強度を示す。かつ、物理的・化学的耐性に優れていることから、植物組織培養、微生物培養、ゲル内免疫拡散などの基材として有用です。

本品は、植物組織培養・微生物培養・ゲル内免疫拡散・固定化触媒などのゲル化剤として使用されます。カチオンと共存することで強固なゲルを形成するため、寒天に比べて、物理的特性・化学的特性に優れています。
【特長】
●低濃度でも強固なゲルを作製できる。
●耐酵素性に優れており、酵素分解されることはまれである。
●寒天に比べ、澄明なゲルを作製できる。
●植物組織の生長が良好になる。
Wako Bio Window No98, p.36 (2009.10)
使用方法 1. ゲルライト粉末をよく撹拌しつつ水溶液に分散させる。
2. 90℃以上に加熱する。
3. カチオン源として塩類や培地成分を溶かす。
4. ゲル化温度(30~50℃以下)まで冷却する。

物性情報

外観 白色〜うすい褐色, 結晶性粉末〜粉末
起源 Soybean and Corn
溶解性 水に溶けて粘ちょうな液になる。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。