カートに追加しました

比較表に追加しました

フタル酸ジ-n-オクチル標準品 Di-n-octyl Phthalate Standard

フタル酸エステル試験用
for Analysis of Phthalic Acid Esters
規格含量 :
98.0+% (Capillary GC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
117-84-0
分子式 :
C6H4[COO(CH2)7CH3]2
分子量 :
390.56
適用法令 :
危4-4(非水溶性)-III
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
044-28361
JAN
4987481407695
1g
希望納入価格
12,000 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 フタル酸エステル分析時の標準品として使用
Wako Analytical circle No.23p11(2001.12)。和光試薬時報Vol.70 No.1, p.13(2002)。
フタル酸エステル標準品
フタル酸エステルは、ポリ塩化ビニルのような合成樹脂の可塑剤として幅広く使用されています。おもちゃまたはその原材料の規格が平成22年9月6日付け厚生労働省告示第336号で一部改正され、フタル酸エステルの規制が強化されました。この改正は諸外国の動向を踏まえたもので、これまで規制されていた2種類のフタル酸エステルDEHP(フタル酸ビス(2-エチルヘキシル))、DINP(フタル酸ジイソノニル)に加え、新たに4種類DBP(フタル酸ジ-n-ブチル)、BBP(フタル酸ベンジルブチル)、DIDP(フタル酸ジイソデシル)、DNOP(フタル酸ジ-n-オクチル)が規制の対象となりました。
(和光純薬時報 Vol.80, No.1(2012), p16)
(Wako Analytical Circle No.62, p5 (2011.9))
用途 環境試料中のフタル酸エステルの分析(HPLC)用標準品、GC-MS分析標準品。

物性情報

外観 無色~わずかにうすい黄色, 澄明の液体
溶解性 ヘキサンに溶ける。
融点 -25℃
沸点 390℃
引火点 202℃
密度 0.976-0.984

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。