トランス脂肪酸分析用試薬

トランス脂肪酸は植物油への水素添加によって製造されたマーガリンやショートニング、天然由来食品では肉類、乳製品などに含まれています。近年、トランス脂肪酸の摂取と心疾患のリスクとの関連から、脂質のとりすぎによる肥満や生活習慣病を予防・改善するための取組が進められています。日本では、食生活指針において脂質の摂取量と脂肪酸の種類の摂取バランスについて注意しています。海外では、加工食品中の飽和脂肪酸及びトランス脂肪酸についての表示義務化や、食品中のトランス脂肪酸濃度の基準値設定等が行われています。当社では種々の飽和脂肪酸で構成された各種トリグリセロールやメチルエステル化剤、各種脂肪酸メチルエステル等を取り揃えています。

種類

当社では種々の脂肪酸、脂肪酸メチルエステル、トリグリセロールを取り揃えています。

A:Acid(脂肪酸)、M:Fatty acid methyl ester(脂肪酸メチルエステル)、TAG:Triglyceride(トリアシルグリセロール)
ccis- 、ttrans- 、d:deuterium(重水素化試薬)

炭素数※1 不飽和結合数
0 1 2 3 4 5 6
C11 203-18781(TAG)
C13 200-18791(TAG)
C16 135-07963(M) 515-49681(M,c9)
514-49911(M,t9)
C17 084-08661(A)
203-18801(TAG)
C18 136-07971(M) 512-49691(M,c6)
514-49771(M,t6)
139-08583(M,c9)
136-17241(M,t9)
133-17251(M,c11)
518-49811(M,c9,c12)
125-05821(A,c9,c12)
511-49921
(M,c6,c9,c12)
515-49821
(M,c9,c12,c15)
122-05831
(A,c9,c12,c15)
C20 130-17261(M)
135-17331(M,d)
519-49721(M,c5)
516-49731(M,c8)
137-17271(M,c11)
518-49791(M,t11)
512-49831
(M,t11,t14)
519-49841
(M,c11,c14,c17)
518-49931
(M,c5,c8,c11,c14)
516-49851
(M,t5,t8,t11,t14,t17)
C21 205-18501(TAG) 513-49861
(M,c13,c16)
510-49871
(M,c13,c16,c19)
517-49881
(M,c7,c10,c13,c16)
514-49891
(M,c4,c7,c10,c13,c16,c19)
C22 511-49661(M)
132-17341(M,d)
510-49751(M,c13)
511-49801(M,t13)
C23 200-18811(TAG)
C24 518-49671(M)
139-17351(M,d)
517-49761(M,c15)

※1:脂肪酸、トリグリセロールを構成する脂肪酸の炭素数

内部標準物質

トランス脂肪酸の分析方法には、米国油化学会公定法(AOCS Ce1h-05)及びAOACインターナショナルの公定法(AOAC 996.06)があります。トリヘンイコサノイン(炭素数21の飽和脂肪酸で構成されたトリグリセロール;C21:0)はAOCS法の定量用内部標準物質として、トリ ウンデカノイン(C11:0)は、AOAC法のトランス脂肪酸定量用の内部標準物質として記載されています。また日本油学会の基準油脂分析法では、陸上動植物油分析の内部標準物質としてヘプタデカン酸メチルエステル(C17)が採用されています。当社では上記標準品の他に、種々の飽和脂肪酸で構成された各種トリグリセロールを取り揃えています。

  • 製品コード 製品名 C
    084-08661 Heptadecanoic Acid Standard 17:0※2
    203-18781 Triundecanoin Standard 11:0※3
    200-18791 Tritridecanoin Standard 13:0※3
    203-18801 Triheptadecanoin Standard 17:0※3
    205-18501 Triheneicosanoin Standard 21:0※3
    200-18811 Tritricosanoin Standard 23:0※3









  • ※2 脂肪酸の炭素数:脂肪酸の不飽和結合数
    ※3 トリグリセロールを構成する脂肪酸の炭素数:脂肪酸の不飽和結合数

分析例

    • Triundecanoin Standard
      【HPLC Conditions】
      Column
      Column temp.
      Eluent
      Flow rate
      Detection
      :Wakopak® Navi C18-5 4.6 mmφ x 25 cm
      :40℃
      :CH3CN/CHCl3=75/25
      :1.0 mL/min
      :CoronaCAD
    • Triheneicosanoin Standard
      【HPLC Conditions】
      Column
      Column temp.
      Eluent
      Flow rate
      Detection
      :Wakopak® Navi C18-5 4.6 mmφ x 25 cm
      :40℃
      :CH3CN/CHCl3=55/45
      :1.0 mL/min
      :CoronaCAD

分析用カラム

BPX90 100 m x 0.25 mmID 0.25 μm                      製造元:トレイジャンサイエンティフィックジャパン(株)

BPX90シリーズは、強極性のシアノプロピル系化学結合型キャピラリーカラムです。
脂肪酸メチルエステル(FAME)のcis / trans 異性体分析、香水、石油化学製品、有機塩素系農薬、PCBs等の分析に適したカラムです。長さが100 mのカラムを用いることで、FAMEのcis / trans 異性体分析の他、従来では分析が困難だった成分についても分析可能になります。





    • 高耐熱性・耐久性(280℃まで使用可能)
    • 脂肪酸メチルエステル(FAME)のcis/trans異性体を高分離

分析例※4

No. RT(m) No. RT(m) No. RT(m) No. RT(m)
1 9.12 10:0Me 10 16.85 18:0Me 19 24.58 18:3(c6,c9,c12)Me 28 38.87 20:4(n6)Me
2 9.88 12:0Me 11 17.91 18:1(t9)Me 20 24.70 20:1(c5)Me 29 45.32 22:2(n6)Me
3 10.55 12:1Me 12 18.42 18:1(c6)Me 21 25.28 20:1(c8)Me 30 49.14 20:5Me
4 10.82 BHT 13 18.57 18:1(c9)Me 22 25.62 20:1(c11)Me 31 52.68 24:0Me
5 11.14 14:0Me 14 18.83 18:1(c11)Me 23 26.29 18:3(c9,c12,c15)Me 32 56.73 24:1Me
6 12.07 14:1(c9)Me 15 19.78 18:2(t9,t12)Me 24 30.51 20:2(c11,c14)Me 33 58.43 22:4(n6)Me
7 13.26 16:OMe 16 21.67 18:2(c9,c12)Me 25 33.74 20:0Me 34 59.73 22:3(n3)Me
8 14.03 16:1(t9)Me 17 22.33 18:3(t9,t12,t15)Me 26 34.98 20:3(n6)Me 35 76.28 22:5(n3)
9 14.51 16:1(c9)Me 18 23.01 20:0Me 27 37.73 20:1Me+20:3(n3)Me 36 84.40 22:6(n3)Me

ccis- 、ttrans- 、nnormal

※4 データ提供:大阪大学山本公平先生

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

内部標準物質

メチルエステル化剤

脂肪酸メチルエステル安定同位体

飽和脂肪酸メチルエステル

モノ不飽和脂肪酸メチルエステル(cis体)

モノ不飽和脂肪酸メチルエステル(trans体)

高度不飽和脂肪酸メチルエステル

リノール酸、α-リノレン酸

トランス脂肪酸分析用カラム

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

抽出溶媒

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。