VHH抗体(Nanobody*1)検出に

Jackson社 抗アルパカ免疫グロブリン抗体

アルパカやラマ等ラクダ科の動物は、重鎖のみで構成された抗体を有しています。ラクダ科重鎖抗体であるIgG2とIgG3抗体の可変領域は、VHH抗体(Nanobody*1)と呼ばれ、分子量が12~15 kDaと非常に小さいため、大腸菌や酵母のような微生物発現系で容易に発現させることができ、また、高い溶解性と安定性(熱、pH、変性材)を示します。さらにVHH抗体(Nanobody*1)は、血液脳関門を通過し、他の遠隔組織へのアクセスが可能であることや、CDR3領域が長いことで中和活性を有するなどの特徴から、抗体医薬や診断薬など、様々な分野での応用が期待されています。
本製品は、アルパカのIgGを認識するヤギの二次抗体です。アルパカとラマのIgG検出に利用できます。

*1:Nanobody はAblynx N.V. の登録商標です。

アルパカ、ラマのイムノグロブリン

適用

  • Western Blotting
  • ELISA
  • Flow Cytometry
  • 免疫蛍光染色

データ

Goat Anti-Alpaca IgG, VHH domainを使用したVHH抗体の増幅検出

A:6 x His tag リコンビナントVHHをAnti-Alpaca IgG, VHH domain 抗体(メーカーコード:128-005-232)を用いて検出
B:6 x His tag リコンビナントVHHをAnti-6 x His tag抗体で検出
Anti-Alpaca IgG, VHH domein 抗体の方が、強いシグナルが得られた。

VHH抗体との結合能試験(ELISA)

VHH抗体に対する抗体価の測定で、Peroxidase標識 Anti-Alpaca IgG, VHH domein 抗体(メーカーコード:128-035-230)でVHH抗体を検出した。
低濃度でもVHH抗体の強いシグナルが得られた。

文献

  1. Maass, D.R., Sepulveda, J., Pernthaner, A. and Shoemaker, C.B.: J. Immunol., 324, 13 (2007)
  2. Sircar, A., Sanni, K., Shi, J. and Gray, J. : The Journal of Immunology, 186, 6357 (2011)
  3. Pardon, E., Laeremans, T., Triest, S., Rasmussen, S.G.F., Wohlkönig, A., Ruf, A., Muyldermans, S., Hol, W.G.J., Kobilka, B.K. and Steyaert, J. : Nat. Protoc., 9, 674 (2014)
  4. Bannas, P., Hambach, J. and Koch-Nolte, F. : Frontiers in Immunology, 8, 1603 (2017)
  5. Arbabi-Ghahroudi, M. : Front. Immunol., 8, 1 (2017)
  6. Chanier, T. and Chames, P. : Antibodies, 8, 13 (2019)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

抗アルパカIgG(H+L),ヤギ,アフィニティー精製*2

*2: 一次抗体のFc領域と反応するため、VHH抗体(Nanobody*1)の検出には推奨しません。

  • DyLight™ はThermo Fisher Scientificの登録商標です。
  • Cy™ はGE Healthcareの登録商標です。
  • Rhodamine Red™ -X はInvitrogenの登録商標です。
  • Alexa Fluor® はLife Technologies Corp.の登録商標です。

抗アルパカIgG(H+L),ヤギ,アフィニティー精製(吸着処理血清: ウシ、ヒト、マウス、ウサギ、ラット)*2

*2: 一次抗体のFc領域と反応するため、VHH抗体(Nanobody*1)の検出には推奨しません。

  • DyLight™ はThermo Fisher Scientificの登録商標です。
  • Cy™ はGE Healthcareの登録商標です。
  • Rhodamine Red™ -X はInvitrogenの登録商標です。
  • Alexa Fluor® はLife Technologies Corp.の登録商標です。

抗アルパカIgG,サブクラス2+3特異的,ヤギ,アフィニティー精製(吸着処理血清: ウシ、ヒト、マウス、ウサギ、ラット)*2

*2: 一次抗体のFc領域と反応するため、VHH抗体(Nanobody*1)の検出には推奨しません。

  • DyLight™ はThermo Fisher Scientificの登録商標です。
  • Cy™ はGE Healthcareの登録商標です。
  • Rhodamine Red™ -X はInvitrogenの登録商標です。
  • Alexa Fluor® はLife Technologies Corp.の登録商標です。

抗アルパカIgG,VHH domain,ヤギ,アフィニティー精製(吸着処理血清: ウシ)

  • DyLight™ はThermo Fisher Scientificの登録商標です。
  • Cy™ はGE Healthcareの登録商標です。
  • Rhodamine Red™ -X はInvitrogenの登録商標です。
  • Alexa Fluor® はLife Technologies Corp.の登録商標です。

抗アルパカIgG,VHH domain,ヤギ,アフィニティー精製(吸着処理血清: ウシ、ヒト、マウス、ウサギ、ラット)

  • DyLight™ はThermo Fisher Scientificの登録商標です。
  • Cy™ はGE Healthcareの登録商標です。
  • Rhodamine Red™ -X はInvitrogenの登録商標です。
  • Alexa Fluor® はLife Technologies Corp.の登録商標です。

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

ウシ血清アルブミン(IgGフリー,プロテアーゼフリー)

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。