カートに追加しました

比較表に追加しました

R-Phycoerythrin-AffiniPure Goat Anti-Alpaca IgG, subclasses 2+3 specific (min X Bov,Hu,Ms,Rb,Rat Sr Prot) R-Phycoerythrin-conjugated AffiniPure Goat Anti-Alpaca IgG, subclasses 2+3 specific (min X Bov,Hu,Ms,Rb,Rat Sr Prot)

製造元 :
Jackson Immuno Research Laboratories, Inc.
適用法令 :
毒-II
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
比較
製品コード
容量
価格
在庫
製造元
128-115-229
0.25mL
希望納入価格
59,000 円

ドキュメント

スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 ◎抗アルパカ IgG, ヤギ 抗体
アルパカやラマ等ラクダ科の動物は、重鎖のみで構成された抗体を有しています。ラクダ科重鎖抗体であるIgG2とIgG3抗体の可変領域は、VHH抗体と呼ばれ、分子量が12〜15kDaと非常に小さいため、大腸菌や酵母のような微生物発現系で容易に発現させることができ、また、高い溶解性と安定性(熱、pH、変性材)を示します。更にVHH抗体は、血液脳関門を通過し、他の遠隔組織へのアクセスが可能であることや、CDR3領域が長いことで中和活性を有するなどの特徴から、抗体医薬や診断薬など、様々な分野での応用が期待されています。
本品は、アルパカのIgGを認識するヤギの二次抗体です。アルパカとラマのIgG検出にご利用頂けます。
*:一次抗体のFc領域と反応するため、VHH抗体の検出には推奨致しません。
(WaKo Bio Window SEP. 2019 / No.161, p17)

物性情報

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。