mtDNA Extractor® WB Kit

これまで、糖尿病やアルツハイマー病とミトコンドリアDNA(mtDNA)変異との関連を示唆する報告がなされ、mtDNAの解析が盛んに行われてきました1), 2), 3), 4)。しかし、高純度の mtDNA を調製するには、煩雑な操作と多くの時間が必要であり、多検体処理を目的とした研究には適していません。 現在のmtDNA分析は、細胞から total DNA を抽出する際に含まれる微量の mtDNAを用いて、多量のゲノムDNAの混在下で行うのが一般的です。mtDNAエキストラクターWBキットは、全血から短時間かつ容易に高純度の mtDNA を抽出することができ、多検体処理に適しています。

特長

  • 簡単な操作で短時間(約90分間)に mtDNA を抽出
  • EDTA処理血およびヘパリン処理血からも mtDNA を抽出可能
  • 抽出した mtDNA は高純度でゲノムDNAの混入が少なく、制限酵素処理やDNA増幅反応に使用可能
  • 少量多検体のDNA増幅反応処理に適している
  • フェノールやクロロホルムなどの有害な劇物溶剤を使用しない

実験例

mtDNA Extractor® WB Kitにより全血から抽出したmtDNAの電気泳動

操作方法

参考文献

  1. 安田和基:医学のあゆみ, 174, 420 (1995).
  2. Robert, E. D. et al. : Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 94, 4526 (1997).
  3. Poulton, J. et al. : Prenatal Diagnosis, 16, 1247 (1996).
  4. Timothy, H. et al. : Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 92, 6892 (1995).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。