n型有機半導体材料

有機半導体は、柔軟かつ軽量といった特長からフレキシブルデバイスなどへ活用が期待されています。半導体デバイスは,p型半導体とn型半導体を組み合わせて製造します。これまで主にp型半導体の材料開発は進んでいますが、n型半導体の材料開発は遅れており、高性能なn型半導体材料の開発が求められています。
この度、大気安定性を有し高い移動度を示す、新規なn型有機半導体材料PhC2-BQQDIをラインアップしました。本製品は東京大学 竹谷教授、岡本准教授と富士フイルム株式会社の共同研究により開発された材料です。
その他に、n型有機半導体材料として研究されているペンタセン系、ペリレン系、フラーレン系の材料をラインアップしています。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

高性能 n型半導体材料

有機トランジスタによる評価で高い移動度を示し、耐性、安定性に優れる材料です。

pentacene(ペンタセン)系材料

perylene(ペリレン)系材料

Fullerene(フラーレン)系材料

その他材料

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。