有機物質標準液 (VOC)

かび臭やフェノール類、ハロ酢酸、揮発性有機化合物等の有機物質は悪臭や環境汚染の観点から大気汚染防止法や水道法等で規制、管理されています。中でも、揮発性有機化合物 (VOC;volatile organic compounds)は、室温で高い蒸気圧を有する有機化合物です。VOCは、溶剤や燃料として重要な物質であるため、広く使用されていますが、環境に放出されると、健康被害を引き起こします。国内ではVOCの排出抑制対策を行うため、大気汚染防止法が改正されました(平成18年4月1日施行)。中国では、PM2.5や二酸化硫黄、二酸化炭素とならび、VOCの削減を目指し、2020年12月から製品に含有されるVOCなどの有害物質の制限量に関する7件の国家強制標準(GB規格)が発行されました。この標準は中国国内の生産企業だけでなく、中国向け輸出製品を生産する国外企業も規制の対象となるため、日本の関連企業においても製品の品質管理や水溶性アクリルアミドモノマー等の水溶性原料の切り替え等がすすめられています。当社では、4種類の揮発性有機化合物混合液標準液を提供しています。 特に、揮発性有機化合物25種混合標準液は、JCSS(Japan Calibration Service System)としてSIにトレーサブルな混合標準液です。

分析例 (揮発性有機化合物25種混合標準液)

GCクロマトグラム

分析条件

組成情報(揮発性有機化合物混合標準液)

組成 環境分析用 土壌汚染物質測定用 JCSS
8種揮発性
有機化合物混合標準液
229-01651
14種揮発性
有機化合物混合標準液
220-02421
12種揮発性
有機化合物混合標準液
228-01481
揮発性
有機化合物25種混合標準液
225-02351
テトラデカン
スチレン
エチルベンゼン
クロロエチレン
四塩化炭素
1,2-ジクロロエタン
1,1-ジクロロエチレン
trans-1,2-ジクロロエチレン
cis-1,2-ジクロロエチレン
1,3-ジクロロプロペン
ジクロロメタン
テトラクロロエチレン
1,1,1-トリクロロエタン
1,1,2-トリクロロエタン
トリクロロエチレン
ベンゼン
1,4-ジオキサン
クロロホルム
ジブロモクロロメタン
ブロモジクロロエタン
ブロモホルム
トルエン
t-ブチルメチルエーテル
o-キシレン
m-キシレン
p-キシレン
1,2-ジクロロプロパン
p-ジクロロベンゼン

※異性体混合物

組成情報 (その他有機物質混合標準液)

製品コード 品名 組成 濃度 (mg/L) 溶媒
134-18901 かび臭物質2種混合標準液 2-メチルイソボルネオール、ジェオスミン 100 メタノール
163-28521 フェノール類6種混合標準液 フェノール、2-クロロフェノール、4-クロロフェノール、2,4-ジクロロフェノール、2,6-ジクロロフェノール、2,4,6-トリクロロフェノール 1,000 アセトン
084-10491 ハロ酢酸4種混合標準液 クロロ酢酸、ジクロロ酢酸、トリクロロ酢酸、ブロモ酢酸 1,000 t-ブチルメチルエーテル

JCSSとは

JCSS 標準物質は計量法のもと、指定校正機関であるCERIが製造した特定標準物質へのトレーサビリティが確保された標準物質です。JCSS標準物質はJCSS登録事業者によって、JCSS標章付き証明書が添付された標準物質としてユーザーへ提供されています。当社は、国際MRA対応JCSS登録事業者としてIAJapanより認定を受け、JCSS証明書記載の値付け結果は、ILAC/APACのMRAを通じて、国際的に受け入れ可能です。

JCSSのトレーサビリティ

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

単品標準液

混合標準液(JCSS)

混合標準液(環境分析用)

混合標準液(土壌汚染物質測定用 )

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。