切り出し・塩基部位の脱保護試薬 (合成後処理)

合成した DNA/RNA は固相担体に保持された状態にあります。そこで、濃アンモニア水などの塩基試薬で処理することにより固相担体から切り出します。また、同時に核酸塩基のアミノ基の保護基も塩基性条件下で除去します。 アンモニア水、メチルアミン溶液、AMA 溶液等の各種塩基試薬から条件に応じて選択してお使いください。

核酸医薬合成基礎講座 「第2回 オリゴヌクレオチド合成における保護・脱保護」
核酸医薬合成基礎講座 「番外編 オリゴヌクレオチドの精製」

反応例と保護基の種類

エステル加⽔分解によるオリゴ核酸の固相担体からの切り出しおよび塩基部位の脱保護

 

5 種の核酸塩基の構造

 

アミノ基の主な保護基と構造

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

品名 規格 容量 希望納入価格(円) コードNo.
Anhydrous Ammonia in Ethanol Solution
(20% ammonia by weight on absolute ethanol)
- 10mL 見積り CSS-3268
0.05M Potassium Carbonate in Methanol - 30mL 見積り 60-4600-30
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。